とある事務所の将棋紀行

将棋の好きなアイドルが好き勝手に語るみたいです。

新田美波の徒然観戦  その白星はどこまでも重く

 

f:id:kaedep:20161002172618j:plain

 

『あと1勝』という言葉は、当時者には残酷でしかない。

1つ勝つということはそれほどに苦しく、重いものだ。

 

そして、このシリーズでは一番…使うべきでない言葉なのだろう。

 

 

あの名人戦から季節は移り変わり、もう秋になる。その間にも、棋界ではいろんな事があった。

不調もささやかれていた羽生王位は、棋聖戦をフルセットで防衛。王座戦も2勝して、いつの間にか年度成績は勝ち越している。タイトル戦が多いとはいえ、6連敗を巻き返したのは流石としかいいようがない。

 

……でもこのシリーズを語るとき、中心にいるのは木村八段なのだとも思う。

タイトル挑戦5回、奪取0回。

言うまでもなくトッププロなのだが、タイトル保持者と紙一重の戦いをしながらタイトルを取っていない。

その人柄も相まって、羽生王位の声援に負けないくらい、木村八段を推す声も大きい。ともすると、それを超えるほどに。

 

初日の朝、ルームの中は期待と緊張が入り混じったような雰囲気だった。 少し、ラクロスの試合前を思い出す。

互いに力を出しあう熱戦が多く、そのうえ第7局までもつれる展開は久しぶりだ。 そして…この勝負で全てが決まる。

 

しばらく挨拶していたのだけれど、少し気になったことがあった。

菜々さんが、少し元気がない。

…いや、元気が「ない」わけではないけれど。 例えば楓さんやありすちゃんだったら普通でも、菜々さんだと落ち着き過ぎ…そんな感じだ。

 何かあったのか聞いてみると、「美波ちゃんは周りをよくみてますねぇ」と苦笑しながらも話してくれた。

 「この勝負を…どんな気持ちで観ればいいのか分からないんです」
少し、目を伏せながら続ける。

 「第5局で木村八段が粘り勝ったとき…ナナは奪取を期待していました。ついに…ついに初タイトルが見えてきたって」

第5局は、木村八段の執念が見えるような将棋だった。終盤不利になってからもあきらめずにひたすら食らいつき、1分将棋の中で羽生王位の緩手を突いた。これで3-2となって羽生王位のカド番となった。

 「でも…やっぱりカド番の羽生さんは強いですよねぇ。第6局は完勝でした」
右玉から、中盤で圧倒して勝利。タイトルの行方はこの7局にもつれ込んだ。

 「羽生さんが復調したのは嬉しいんですよ?この勝負が、もっと続いてほしいとすら思っています。でも――」

勝負の行く末をただ、見守ることしかできないんですよねぇ…。

その静かな呟きは、妙に耳に残った。

 

 (2016年 9月26日、27日)

第57期王位戦第7局 羽生王位―木村一基八段 戦

 

f:id:kaedep:20161002172919g:plain

▲7六歩   △3四歩   ▲2六歩   △8四歩   ▲2五歩   △8五歩
▲7八金   △3二金   ▲2四歩   △同 歩   ▲同 飛   △8六歩
▲同 歩   △同 飛   ▲3四飛

振り駒は歩が3枚で羽生王位の先手に決まった。そして戦型は、横歩取りに進んだ。

それは…今年何度も羽生王位が苦しみ、負けを積み重ねた戦型で。

チラリと名人戦第5局が頭をよぎって、少し口元に力が入る。

「心配しなくても、大丈夫ですよ」
振り向くと菜々さんが、隣でほほえんでいた。

「確かにしばらくの間、羽生さんは横歩取りに苦戦していました。でも、回数を重ねるごとに確実に内容が良くなってきています」
第4局も混戦でしたが勝ちましたし、と付け加える。

確かに、最近の将棋は、春と内容はかなり違っている。作戦負けが次第に減り、終盤に後手玉は広くて逃すパターンも見なくなった。
全体の研究が進んだのもあるのだろうが、羽生王位が△7二銀型に対する感覚を掴んだような気がする。

 「その修正力が、羽生さんの強さの一つですねぇ。新山崎流やゴキゲン中飛車でも、新しい形で良いところなく負けた将棋って、あるんですよ。…でも、真っ向からぶつかって理解して、自分のものにしていく。ときには相手側の局面を持って指したりもしますしね」
確かに王位戦で藤井九段の角交換四間飛車と戦った直後、王座戦で自身が採用した話は有名だ。

「おそらく、ほぼ互角の序盤になると思います」

2日制特有の、ゆっくりとした時間が流れていく。

f:id:kaedep:20161002180620g:plain

△3三角   ▲3六飛   △8四飛 ▲2六飛   △2二銀   ▲8七歩  
△5二玉   ▲5八玉   △7二銀 ▲3八金   △1四歩   ▲4八銀  
△1五歩   ▲7七角   △7四歩

 

 序盤は特にすることもないので雑談が主だが、菜々さんの独壇場だった。

「森けい二九段が42歳で谷川会長から王位を奪取したとき、『オジサンの逆襲』と言われたそうです。木村さんも43歳で、『将棋の強いおじさん』とも言われていますねぇ。
……でも、羽生さんも明日で46歳ですから。タイトル保持者の方が更に年上というのもすごい話ですよ。おじさんと呼ぶ気にはなれないですけどね」

『ウサギおじさん』と言われても、ウサミン星人のナナは恐縮するばかりですよ…。と頭を抱えていた。

……気にするところはそこじゃないと思う。

 

 後手の木村八段が選んだのは、△1五歩型。このあたりは専門家ではないけれど△1五角と出る変化が消える代わりに、この端が詰みに関わるような変化もはらんでいて怖いところだ。

そこで先手は▲7七角と上がって持久戦をめざすが、動きたい後手は△7四歩からこの角を目標にしてくる。前例はあるものの、先手が良い印象ではなかった。

「先手に工夫があるんでしょうけど…?」
少し首をかしげながら菜々さんが呟く。

それは、すぐに現れた。

 

f:id:kaedep:20161002181314g:plain

▲8八銀   △7三桂   ▲3六歩   △1六歩   ▲同 歩   △7五歩
▲同 歩   △8五飛   ▲2五飛   △7六歩

▲8八銀、▲3六歩。ここで前例がなくなった。

多くが▲6八銀と上がるところで、8八にあえて動かす。 確かに8筋の守りは厚いし、△5五角のような手を消している。でも……

 「壁形、ですよねぇ……」
左辺への逃げ道がなくなった。
戦いになった後に終盤で損な変化が多くなるので、棋士は避けることが多い。
だからこそ、▲6八銀が多数派だったのだ。

後手陣はほぼ最善なので、△1六歩から攻勢をとる。このあたりは△8六歩や△7五歩、△6五桂のような手の組み合わせもあって難しい。
木村八段はすぐには斬り合いにせず、△8五飛から攻めの矛先をずらす。

△7六歩の局面で羽生王位が封じ、1日目は終了となった。

「40手で封じ手…昔のタイトル戦みたいでいいですねぇ」

 菜々さんが嬉しそうに呟く。

研究が進んだ現在では、1日目にかなり手が進むことも多い。
ただ本局は序中盤の折衝だけで形勢が大きく動きかねないので、長考が続いたのだろう。

 

封じ手予想は角を逃げる1手だが、普通は▲6八角か▲8六角だ。その後、活用できるかが問題になってくる。

ここで▲5五角という手が指摘されたときは、驚いた。確かに、△7五飛としても▲3三角成で先手が良い。

「羽生さん、▲5五角みたいな手は好きですよ。たぶん指すでしょうねぇ」

結論を出せるわけではないので、ここで1日目は解散になった。

帰るときの菜々さんは、やっぱり少しだけ小さく見えた。

 

2日目、日付が変わった頃から羽生王位の誕生日を祝う声が沢山流れた。

ただ、それと勝負は別だ。いよいよ全てが決まる。

 

f:id:kaedep:20161002181459g:plain

 ▲5五角

封じ手は▲5五角だった。当てた菜々さんが、ニコニコしながら胸を張る。

「昔、羽生さんは△5五馬という好手を指しているんですよ。NHK杯で谷川さん相手でした。終盤の一手とはいえ、驚きですよねぇ…。羽生さんがまだ若くて、丸い大きな眼鏡を掛けてる時代です。

 (参考図 第38回NHK杯谷川ー羽生 戦)

f:id:kaedep:20161002182455g:plain

…………あ、棋譜デミタンデスヨ!?」

……今の発言については、何も言わないことにした。

 

f:id:kaedep:20161011013153g:plain

△同 角 ▲同 飛   △3三桂   ▲5六飛   △6四角   ▲3七桂  
△2五桂 ▲4五桂  

飛車を5筋に回って玉頭に圧力をかけて、▲3七桂と跳ねる。
△2五桂▲4五桂と跳ね違えて、昼食休憩になった。先手は、自然な手を積み重ねている。

形勢はおそらく…先手が互角以上だろう。

 

一緒に観ていた流れでお昼の菜々さんと同席した。
会話の話題は、木村八段の話になった。遠くを眺め、思いだすように話しだす。

「木村八段は、棋士になったのは早くありません。むしろ23歳というのは遅いです。原則、満26歳で奨励会は退会ですから。羽生さんが七冠を達成したとき、木村八段はまだ三段だったんですよ。
中座七段の昇段劇…あのとき最終局で昇段を逃したのも、木村八段です」

その言葉には、驚きを隠せなかった。『奇跡』とすら呼ばれる、奨励会三段リーグ最終局。
棋士になれなかったら引退という対局で競争相手の3人が揃って負け、順位の差で中座三段が昇段を決めた。

「その競い合いの中には、今泉現四段もいました。やはり、1勝の差で昇段を逃しています。その後、年齢制限で退会されたんです。棋士になるということは、白星一つが人生を左右するということです」

奨励会の規定は、知っているけれども遠い世界のように思っていた。

…でも今戦っているトップ棋士がその渦中にいたという事実は、勝負の世界の厳しさをまざまざと見せつけられるようだった。

 

f:id:kaedep:20161002183243g:plain

△6二金   ▲4六歩   △7五飛   ▲2六歩

 

昼休が開け、再開の一手は△6二金だった。受けるならこの一手で、この金銀が中住まいと逆ながら耐久力があるのも△7二銀型の優秀なところでもある。

 しばらく応酬が続いて、先手がどう攻めるかといった局面。

▲6六角のような直接手が見える中、羽生王位の手は▲2六歩、僻地の桂取りだった。

「▲6六角とかなら、木村八段は全力で受けに回ったでしょうねぇ。先手は壁形ですから、反撃が入ると薄いです」

でも、この手は羽生王位の手です、と続ける。

「▲2六歩自体は、ほぼ手渡しのような手です。…でも、それで大丈夫とみているんですね。この緩手ギリギリのラインで、相手の力を利用して戦うのが羽生流なんですよ」

 後手も動かないと桂を取られるので、ここで攻めるしかない。

終盤の入り口が見えてきた。

 

 f:id:kaedep:20161002183107g:plain

△4五飛 ▲同 歩   △1九角成 ▲4四歩   △4六桂   ▲同 飛  
△同 馬 ▲4三歩成 △同 金   ▲4四歩   △同 金   ▲2一飛  
△1三馬▲5六桂

 

後手は飛車を切って馬をつくる。先手は勢いを利用して▲4四歩とコビンを攻める。
華々しい斬り合いになった。

 △4六桂は先手の急所で、逃げる手は耐えきれない。▲同飛で駒損ながら手番を握った。

ここから、先手の猛攻が始まる。

▲4四歩では▲2一飛が有力視されていたけれど、これも利かしではある。損得がはっきりしないところで、難しい。

 吊り上げた金を狙って▲5六桂。金をどこに逃げるか……。

 

f:id:kaedep:20161002183405g:plain

 

△5五金が中継に示されたとき、叫び声が上がった。

いや、誰もが驚いた一手だった。薄い4筋の守りを放棄したのだ。

 「あぁ…いや、これは……」

菜々さんがうめくように頭を抱える。しばらくして、ゆっくりと口を開いた。

「木村八段は、この手に全てを賭けましたね」

断言するように力強く言い放つ。

 「上部を抑えて▲3四角を狙う▲4四歩は有力ですけど、△3一香から△1二馬で飛車を殺す手があります。飛車が消えれば後手玉は8筋に逃げ出す余裕が生まれますね。

 

f:id:kaedep:20161002183924g:plain
▲4四歩以下 
△3一香 ▲4三角 △5一玉 ▲3二角成 △1二馬 ▲2二馬
△2一馬▲同馬△1八飛

そして、もう一つの狙いは△5六金から桂を入手して△4六桂。これも馬の効きと相まって、駒が入れば先手陣はすぐ崩壊します。▲4四歩を逆用して、先手の攻めを引っ張り込んだわけです。△5五金が通るか、本局はこれで全てが決まります」

変化を並べてみるが、どれも後手玉は薄い。危なくて、とても後手を持ちたいとは思えなかった。

私が苦い顔をしていたのか、菜々さんも苦笑する。

「危ない橋なんですけどね。木村さんは、こうやって勝ってきたんです。 受け将棋にも、いろいろな人がいます。大山名人のように攻防を含みにした受け潰しや、永瀬さんのような自陣に手を入れる徹底防戦、森内さんのような先行逃げ切りの手堅いタイプもあります。 …でも、木村八段の指し回しはどこにも属しません。相手を急かして攻めさせて、ギリギリで凌ぐ。そこから反撃する。 綱渡りのような立ち回りですけど、本人が一番良いと判断して指した結果ですから…それが棋風なんでしょう」

棋士の場合、指す手の見解が同じ局面の方が圧倒的に多い。でも複数の可能性があるとき、判断の違いが生まれることがある。その積み重ねが棋風になるわけだ。

「実際、木村八段は棋士になってから、この棋風で勝ちまくりました。勝率8割3分5厘の記録は、今でも歴代4位です。着実に、一歩一歩、上に昇っていきました」

 先手の指し手が表示され、話が止まる。本線で読んでいた手ではないはずだが、小考だった。

f:id:kaedep:20161002184146g:plain

▲4四桂   △4三玉   ▲3二角   △3四玉 ▲4一飛成

指し手は▲4四桂。金の死角を突きつつ、王手だから△3一香の余裕もない。

でも…この手は上部を抑えていない。

 「……中段玉になりますねぇ」

その言葉通り、△4三玉と上がった。

▲4一飛成の局面で、手番が後手に回った。△4七歩や△1八飛、△6五桂など先手に迫る手段は多い。そして、互いの玉が近く攻防手が出る可能性もある。

ここが、最後の山場になるのは目に見えていた。

木村八段が、長考に沈む。

検討してみるが…後手に活路を見出せない。後手玉は薄く、上下を先手の駒に挟まれている。珍しい形だが挟撃形…と言えるかもしれない。

検討の手が止まる。沈黙を嫌うように、菜々さんが話し始めた。

 「棋士は…将棋を指して生計を立てます。それは、将棋に人生を捧げるということです。そして、その頂きにあるのがタイトルです。何十期も取る人は例外で、1期でも取ればそれは最高の栄誉なんですよ」

その棋戦で1年間、全棋士の頂点に立つ。それができた人は、本当に少ない。

 「2009年ですか、木村さんは勝ちまくって、棋聖戦王位戦の挑戦者になりました。ただカド番まで追い込みながら…あと1歩、届かなかった。このあたりは、美波ちゃんも知っていますよね?」

棋聖戦は、2連敗。王位戦は…3連勝した後の4連敗。

今期の王位戦第6局も含めると、カド番まで追い込みながら7回、チャンスを逃している。

「あの王位戦は衝撃でしたけど…それくらい、羽生棋聖も深浦王位も強かったとも言えます。本当に、わずかな差の中で戦っているんです」

そのわずかな差が、勝敗という結果につながるのだから…本当に厳しい。

 
「だからこそ……『1勝』することはとてつもなく苦しくて、辛くて、重いものなんです」

その苦しみの中で今、対局者は戦っているのだろう。

中継カメラを見ると、木村八段の顔は荒い画像でも分かるほどに紅潮していた。

 

f:id:kaedep:20161002184429g:plain

△1八飛   ▲4三角成 △4五玉   ▲3二桂成 △3八飛成 ▲6五馬  
△4四歩   ▲3八馬   △3七歩   ▲2七馬   △1七金


37分中28分考えて、△1八飛。ここから先、変化する順は少ない。

▲6五馬の開き王手から竜を取られたが、木村八段は諦めない。馬を追いかけて、△1七金。この手には周りの子がどよめいた。

『負けと知りつつ、目を覆うような手を指して頑張ることは結構辛く、抵抗がある。でも、その気持ちをなくしてしまったら、きっと坂道を転げ落ちるかのように、転落していくんだろう』

将棋世界で、木村八段がA級昇級を決めた際に寄せた文の一節だ。
本でも取り上げられたことがある言葉で、木村八段をよく表していると思う。
その勝利への執念は有名で、敗勢の中粘り続けて逆転を呼び込んだ将棋は少なくない。

羽生王位が「1手頓死」をしたことは有名だが、相手は木村八段だった。

僅かな可能性があるなら、それに賭けて指し続ける。

指す本人も辛いことだけれど、それよりも白星を求めて足掻く。

棋士というのは…茨の道だ。

 

f:id:kaedep:20161002184539g:plain

▲4九馬   △2八金   ▲4二飛   △5四金   ▲2二成桂 △3八歩成
▲4七銀   △4九と   ▲5六銀打

まで、93手で先手 羽生王位の勝ち

 

▲5六銀で、後手玉は詰み筋に入った。以下は竜を活用して捕まる。

 

18時45分、木村八段の投了。

これで羽生王位の防衛、96期目のタイトルが決まった。

 

対局室を中継するカメラに報道陣がなだれ込み、対局者の姿が見えなくなる。

思わずため息がもれる。観ていたこちらも、なにか重いものから解放されたような感覚だ。


「やっぱり、強いですねぇ…。羽生さんは強いです」

菜々さんが、静かに呟く。

大勝負を横歩取りで押し切ったこの将棋は、羽生善治の復活を象徴するかのように思える。

どこまでも淡々としたその姿は…久しぶりに畏怖の念すら抱いた。

 
棋士は、勝たなければいけません。上を目指すためにも、プロとしてやっていくためにも。『1勝』で、天地の差が生まれる。その重みは、たぶん私たちには計り知れないのでしょうねぇ…」

机に肘をついて、両手で顔を覆う。その目が潤んでいたことに、遅れて気づいた。

 
「みんな…みんな、自分のことで精一杯なんです。それでも、木村さんは周りを気遣います。優しくて、丁寧で、思いやりがあって…そんなエピソードには、事欠きません。もちろん、勝負は結果が全てです。それでも――」

 

「木村八段には…報われてほしかった……!」

 

絞りだすような声。ボロボロと、涙が盤に落ちる。少しして、涙を手でグシグシと拭いてから顔を上げた。

 
「将棋は……残酷です。それでも美しく、魅入ってしまうのだから、困ったものですね」

菜々さんは涙を流しながら…微笑んでいた。

 

終局直後の集材で「シリーズ全体の感想」を問われたとき、木村八段から言葉はなかったそうだ。

その沈黙には、色々なものが詰まっていたのだろう。それは、私たちが語ることなどできない。

 
解説会場では木村八段はしばらく隅にいたそうだが、促されて感想戦をしたという。
それも、延々と。
対局直後で、感情に任せて早く切り上げても咎める人はいなかったと思う。

でも…最後まで並べ、いつものように冗談で笑いをとっていたそうだ。

 

木村八段は、どこまでも優しい人だった。

 

 その1勝は残酷なまでに大きい。苦しみや…時には痛みすら伴うこともある。

でも――

 

こんな勝負をまた観たいと…そう思った。

 

 

 

 

(了)

 

 

新田美波の定跡解説  「居角左美濃ってなんですか?」

 

 f:id:kaedep:20160919161624p:plain

 

 (数日前、事務所のルームにて)

 

アーニャちゃん、おはよう!えーと、ドーブラエ、ウートラ…かな?

「ドーブラエ ウートラ!おはよう、ですね。ミナミ、ロシア語も上手です」

そう?まだ、アーニャちゃんから教わってる途中だけどね。

「ミナミはもっと自信もっていいですね。ミナミはマジメで、勉強もできて、キレイで、優しいです」

…恥ずかしいから、別の話をしよ?

 

あれ、机の上の盤……アーニャちゃんが並べてたの?

「ダー、少し、困ったことがあって」

……何かあったの?

「ミナミからレクツィアしてもらった矢倉、指そうとしましたね。…でも、相矢倉にならないことが増えました。こんな形に組まれてしまいます」

f:id:kaedep:20160919030648g:plain

えーと……『居角左美濃』だね。ここから、後手に攻められるんでしょう?

「ダー、でも、どうすればいいのか、何が狙いなのか、わからないです。だから、並べて考えてましたね」

この形は、とても難しいよ。…でも、どうして一人で?

「最近のミナミ、忙しいですし…アー、自分で考えないと、と思いました。でも、難しいですね」

 アーニャちゃん、確かに人に頼りきりになるのはいけないけど、自分でどうしようもないときは人に頼っていいんだよ?

 「そう、ですか……ミナミ、教えてくれますか?」

 うん、準備するから、予定を調整しようか。

 「バリショーエ スパシーバ!ミナミ、ありがとう、です!」

 

(数日後、事務所の1室にて)

では、講義『居角左美濃の狙いとその対策について』を始めようと思います。

「パジャールスタ、よろしくお願いしますね、ミナミ」

よろしくお願いします。…久しぶりだから、ちょっと緊張しちゃうね。
テーマが、少し難しいのもあるかな。

「いつものミナミで、いいですね」

そうだね…。よし、美波、いきます!

「アーニャも、いきます!」

 

最初に言っておきたいんだけど、この戦型はかなり新しいの。

「この手順、指し方が絶対!」ってものがないから、解説するのはあくまで代表的な変化ってことは覚えておいてね。

 「ダー、わかりましたね。手取り足取り、アーニャに教えてください」

アーニャちゃん、日本語……私が神経質なだけなのかな?

 

・居角左美濃とは

そもそも、この戦型はPonanzaがよく好んでいて、それを棋士が採用したのが最初なの。(第1期叡王戦 森内ー阿部光 戦)

Ponanzaは他にも角換わりでも独特な陣形を指しているけど、

『右桂の活用』を重視している傾向があるかな。

f:id:kaedep:20160919032011g:plainf:id:kaedep:20160919032338g:plain

「アー、ソフトの形なんですね」

うん、元はね。他にも、ソフト発の手はいろいろあるよ。

でも、それを指しこなせるかは別。人が指す場合は、その形を人間なりに理解した上で指さないといけないから。

「機械と人間のイッスリードベーニャ…勉強は、違いますね?」

そうだね。実際、人間がより深く掘り下げて発展していった形もあるよ。

YSSの△6二玉の成否とか、美濃に囲う発想とかはその例かな。

 

・居角左美濃の狙い

さて、この形の狙いなんだけど、まずはホワイトボードにまとめるね。

・最初の狙いは△6五歩から△7五歩の先攻

・美濃囲いの優秀性

・右四間含み、戦場は6~8筋

・とにかく攻める

「ンー、これだけだと、分かりにくいですね」

順を追って説明するね。まずは、△6五歩―△7五歩の仕掛けから。

これに近い筋は昔からあって…それを比較した方がわかりやすいかも。

「アー、ミナミ、これは…?」

『米長流急戦速攻型』だね。盤の左側、駒の配置や仕掛けが似ているでしょう?

 

f:id:kaedep:20160919034602g:plainf:id:kaedep:20160919034734g:plain
(左が米長流急戦 右が居角左美濃ね)


「ダー、とてもリョーフキー…軽い攻めに見えます」

 △6五歩から仕掛けて、本当の狙いは少し先の△7五歩。

▲同歩は、△8六歩から十字飛車が決まるってわけ。だから、先手も攻め合いにして戦いが始まるの。

f:id:kaedep:20160919034630g:plain

「パニャートナ、でもこの局面、ゴチャゴチャしていますね。アーニャ、もっとシンプルに攻められます」

うん、そこがとても重要だね。
さっきの米長流速攻は『カニ囲い』でしょう? 飛車を渡すような強い攻めはできなかったの。
だから△7五歩まで細かな駆け引きが必要だったし、対急戦によくある「角頭攻め」の弱点があって指されなくなったのね。

f:id:kaedep:20160919034657g:plain

「ンー、難しいですね」

それを解決したのが、『美濃囲い』との組み合わせ。
飛車の攻めにも強くて、2筋も銀で守っているから堅い。
だから、強引に見える攻めすら通用するってわけ。例えるなら、『穴熊』に近いかな。

「アー、『美濃の暴力』ですか?」

 ……大体、あってると思うよ。

 「美濃はクラシーヴィ…美しいと、事務所の何人かが言っていましたね」

 美濃囲いは

1、手数が少なくて済む
2、金銀の連結がいい
3、詰む詰まないの計算がしやすい

こういう長所があるから、愛好してる人も多いよ。
主に振り飛車党に多いけどね、採用しやすいから。

 

・公式戦に登場

左美濃の場合、先手が▲8八角のままでも成立するのがとても大きいね。

 その破壊力が発揮されたのが、最初に指された森内―阿部光 戦。

f:id:kaedep:20160919034915g:plain

「でも、先手も角で守っていますね?プラウダ リ エータ?」

普通なら成立しないんだけど…角交換をしても美濃囲いは崩れないし、むしろ先手陣の方が打ち込まれる隙が大きいの。

「アーニャの方が隙だらけ、ですね」

 とにかく仕掛けて、攻めが続けばいいって方針なんだよね。

少し進んで、こんな感じ。

f:id:kaedep:20160919035030g:plain

「ニチェボー、厳しいです…」

 後手は『飛角銀桂』の4枚の攻めだから、簡単には受けきれないよ。
6~8筋全部使っての攻め…というのも大きいね。

 それに、これまでの急戦矢倉って、先手は『受けきれないから攻め合い』の方針だったの。攻め合いが狙えないと、苦しくなるのも自然なことかも。

 「ミナミがアーニャを攻めて、仕返しさせてくれません」

……盤面の話だよね?

 森内九段の先手矢倉を攻め潰してしまった衝撃は大きくて、この対局を境に居角左美濃が流行していくわけ。

もちろん、後手も正しく攻めないと切れちゃうけど、「一方的に仕掛けを許すと先手苦しい」というのが正直なところかな。

 「アー、居角で威嚇してるんですね」

 ……また、楓さんに教わったの?

 「ダー♪カエデいろいろな日本語知っていますね」

 威嚇どころか、先手矢倉を破壊しにきてるけどね。
…後で楓さんには話をしておかないと。

 

 ・先手の対策、後手の対応

というわけで、先手は後手の仕掛けを封じる必要がでてきたのね。

 「ンー、どうすればいいですか?」

 一番多い対策は、▲4六角と出ること。これなら、△6五歩と突けないでしょう?

 「ハラショー!後手の攻めを封じてますね」

f:id:kaedep:20160919142849g:plain
この形で一番詳しく説明されているのは、やっぱりこの動画かな。

盤上のシンデレラ ~本田未央は純文学を破壊する~ 第12局 by 四駒関係(KKPP) アイドルマスター/動画 - ニコニコ動画

内容が非常に濃いから、実際に観てみる方がいいと思うよ。

 重要なのは、▲2四歩△同歩▲同角 と、角で取ることだね。

「シト、飛車じゃダメですか?」

飛車だと▲2八飛と元の位置に戻るしかないけど、角だと▲4六角と引けるのね。1手得するわけ。

「『アイドルは手損を嫌う』、ですね?」

それは他の子の言葉だけど…この得は大きいよ。

 後手は飛車先を切らせる間に攻めの陣形を築いて先攻する狙いだから、この1手は大きな意味があるの。アイドルじゃなくてもね。

先手からすれば、ゆっくりした流れになれば持ち歩が活きてくるという主張だね。

 「ンー、先手は居玉、ですね」

 ▲6九玉の一手も省略して、後手の狙いを封じる方を優先している…同じような意味だね。

あと、攻められたときに▲6九玉の方が危険なこともあるから。

 持ち歩の活きない、早い流れにしたい後手は攻め続けなきゃいけないの。

有力なのが、△6二飛の右四間飛車ね。

f:id:kaedep:20160919143044g:plain

 「シト、後手の歩が8五ですね。これでは桂馬、跳ねられないです」

 普通の右四間飛車ならそうだけど、後手の狙いはちょっと違うところにあって…

△5四銀から角をいじめること。 この角がいなくなれば、また△6五歩から先攻できるからね。

6二の飛車がいるから、△6四角とは出られないし。

 「ニサムニェーンナ…この飛車が攻防、なんですね」

 先手も▲3七桂で△4五銀を防ぐけど、△4四歩と突いて更にいじめる狙い。

 「ンー、角道、止まってしまいました」

 うん、でも△4五歩と突けばまた通るから。

 これ以上受けきるのは無理だから、▲7五歩と攻め合いを選択。

△4五歩だと華々しい斬り合いになるけど、▲2四歩から攻め合って先手やれる。

これは動画内や、朝日杯石田四段―先崎九段戦 でも出ているね。

f:id:kaedep:20160919143629g:plainf:id:kaedep:20160919143652g:plain
(△4五歩以下、▲2四歩△同歩▲同角△2三歩▲7四歩△2四歩▲7三歩成△6一飛▲7二と△6三飛▲7五桂が石田―先崎 戦  飛車を取って先手ペース)

 

 だから、△6三金と一回受ける。片美濃でも遠くて堅いのは変わらないからね。

f:id:kaedep:20160919144602g:plain

▲7五歩以下、   △6三金 ▲7四歩   △同 金   ▲5五歩   △4三銀引
▲5七銀   △3三角 ▲6九玉   △6五歩

これで△2四角の捌きや△6五歩からの仕掛けをまた狙って、後手もやれる感じかな。
動画では、△8五歩を活かして△8六歩▲同歩△8七歩の垂らしも指してるし。

 とにかく、後手は仕掛けて、堅さを活かして6~8筋を攻めきる。これに尽きるね。

「カタイは強い、ですね」

自玉の心配をしないで、考えやすくなるからね。

 

・先手の有力策

今出ている形の中で、一番有力そうな形は、やっぱりこの動画内の形かな。

盤上のシンデレラ ~アイドル王座挑戦者決定戦~ 第16局 by 四駒関係(KKPP) アイドルマスター/動画 - ニコニコ動画

 

f:id:kaedep:20160919145009g:plain
さっきの対策の改良版…なんだけど、かなり画期的で。

先手はさらに▲6七金まで省略して、▲4六角型に。▲2五飛と浮いて、角頭を守りつつ7筋を攻めるの。

 「アー、先手の飛車の方が、もっと攻防ですね」

 ここまでくると、一方的に先手が負ける将棋じゃないね。玉が薄いから、丁寧に指さないといけないけど…それは本人の棋力の問題だね。

 「ズナーニイとスパソーブノスチ…知識と実力が必要ですか」

 もちろん「これで後手負け」って結論が出たわけじゃないけど、『序盤に注意して駒組みすれば、先手も十分にやれる』というのが今の見解かな。

 「ヴィリデューカ…変化は、いろいろありますね?」

 うん。でも、一つ一つ追っていくと何冊でも本が書けちゃうと思う。

本当に細かな話になると、

・1筋を突くのは先手に仕掛けを与えて損なのでは
・早くに△6五歩と動く将棋は成立するか、
・△5二金は省略できるのか

 ……底が見えない、ね。

 いろいろなテーマはあるけど、公式戦初登場から1年弱でみんな目が慣れてきた印象はあるかな。

藤井システムとか、石田流やゴキゲン中飛車の流れと似ているかな…と思ったり。

 「イストーリヤ…歴史は繰り返す、ですね」

 将棋の戦型や定跡って、その繰り返しだね。

 

居角左美濃のデメリットとして挙げられるのは、

・早くに△8五歩を突かないといけないこと(▲7七角を許すと難しい)
・完全な持久戦への切り替えが難しいこと(形を決めすぎてる上に、先手の1歩が大きくなる)
・駒が捌けなければ、美濃の姿焼き(攻めるための陣形で、受けには適していない)

つまり、一度形を決めたらその方針を貫くしかないわけ。

米長流急戦から同型矢倉、阿久津流急戦から穴熊

みたいな先手に態度に応じた方針転換が難しくて、狙い打ちされる危険性があるってこと。

 「先手も対策、すればいいですね?」

 今、少し下火になった理由はそこだね。後手も、居角左美濃で戦い抜く準備と、覚悟がいるよ。

 

・美波流(?)の対策

 「ミナミ、いつも勉強してますね。他にもありますか?」

 えーと…実は、一人で考えてる形はあって。

 「アーニャ、ミナミの手、みたいです!…ダメ、ですか?」

 ちょっと恥ずかしいけど…参考程度にね?

 美濃囲いって、2筋よりも3筋の方が急所なんじゃいか…と思うの。

▲3四桂みたいな手は美濃崩しの手筋でしょう?

「ダー、基本の手筋、ですね」

 それで、最初に話した『米長流速攻型』。この中に、こんな対策があるの。

 
竜王戦第6局 羽生―佐藤 戦
 

f:id:kaedep:20160919150131g:plain

飛車先不突きで、3筋に飛車を回る。角は▲4六角から▲2八角と引いて牽制。

 これを居角左美濃に応用できないかと思って。

 「…シトー?どういうことですか?」

 こんな感じね。

 f:id:kaedep:20160919153713g:plain

美濃囲いが2筋に備えて飛車先を伸ばす間に先攻するのが狙いなら、相手の狙いにわざわざ乗る必要もないかなって思って。

「アー、袖飛車、ですね」

▲2八角があるから、角の睨みは消えない。

 米長流急戦だと、△4四銀で手詰まりを気にしないといけないけど…左美濃の場合は、3筋が薄いの。
▲3五歩を突いておけば、反撃が効くから。駒を持てば▲3四桂や▲3三歩の狙い。

角をいじめられなければいい…という意味もあるんだけど、▲5七銀と使えるのも大きいかな。▲4六銀~▲5五歩もあるね。

角がいる中で△6五歩が成立するか…が問題だけど、かなりハードルは高そう。

実際のところは手が広くて…組み合う将棋になれば先手もやれるんじゃないかな。
1歩はないけど、後手も組み換えが難しいから。

 

「これ、『ミナミ新手』ですか?」

実戦例はないと思うけど…「新手」かどうかは分からないかな。手順の問題だし。

「じゃあ、『ミナミ流』ですね!」

うーん、公式戦で指されたわけじゃないし、「こういう指し方もある」ってぐらいかな。

もちろん後手もこの手順だけじゃないから、一つのアイデアとしてみてほしいけど…。将棋って、思ってるよりもいろいろと自由な指し回しができるよ。

これも、参考にした竜王戦は平成7年、私が生まれる前の対局なの。そういう古い将棋からも、学ぶことはいろいろあるしね。

 「オンコチシン、ですね」

 うん。「定跡は棋士の努力の結晶」って前に教えたけど、そうやって、いろいろな技術を積み重ねて、前に進んでいくんだと思う。

 

・まとめ

今の矢倉は、居角左美濃の発展によって、それ以外の指し方も増えたかな。

5手目▲7七銀として早囲いにすれば左美濃も4五歩反発も避けられるとか、
それに対して普通の急戦を挑んで勝ったりとか。(棋聖戦第4局永瀬ー羽生 戦)

 いろいろな形が模索されているね。一つの指し方で必勝になるほど、将棋は簡単じゃないよ。

「ミナミもナナも、いつも『将棋は難しい』、言っていますね」

 知れば知るほど、見えないこと、分からないものも増えていくの。

 …だからこそ面白いし、人気があるのだけどね。こうやって少しだけでも道を作って他の人がそれを理解してくれたら、面白いと思ってくれたら、私は一番うれしいかな。

 「アーニャ、今日の時間、シャースティエ…幸せ、でした。ズヴェズダ…星は輝いてますけど、教えてくれる人がいるともっとクラシーヴィ…きれいに見えます。小さな星や、星座まで、とってもきれいに」

 ……ありがとう。私も、とても楽しかったよ。ちょっと、大変だったけど。

 「アーニャも、輝けるように頑張りますね!」

 私もアーニャちゃんに負けないくらい、頑張るから!

 

「……ミナミは、少し休んだ方がいいと思います」

そうかな?……そうかも。

 

 

さて、長くなっちゃったけど、ここで今回の講義はおしまいにしようと思います。

ありがとうございました!

「スパシーバ!ありがとうございました、ミナミ」

 

 

さて、先生役も終わったし…アーニャちゃんに伝えないとね。

 

アーニャちゃん、スドニョム ラジデーニャ!
誕生日、おめでとう!

 

「バリショーエ スパシーバ!ミナミ、ありがとう、ですね!」

 

 

 

 

 

おまけ(講義後、事務所のルームにて)

f:id:kaedep:20160919145659j:plain

 「ふっふっふ…煩わしい太陽ね!(おはようございま~す♪)」

 あ、蘭子ちゃん。こんにちは。

「プリヴェート、ランコ、今日も元気ですね」

 「今日という日は我が同胞、白銀の妖精のが下界に降り立った記念すべき日!祝詞を告げずに終えるわけにはいかないわ!(今日は、アーニャちゃんのお誕生日なんですよね、お祝いに来ました~♪)」

蘭子ちゃんもお祝いにきてくれたんだね。

 「ランコ、プラガダールナ…感謝、ですね」

 「して、同胞2人は甘美なる休息を得ていたはずなのだが…。如何様な理由でこの地に赴いたのだ?(今日ってお休みじゃなかったんですか?)」

「アー、ミナミのレクツゥイア…講義を受けてましたね」

 「なに、女神の信託を受けたというのか!(何を教えてもらったんですか?)」

 「ダー、ミナミに手取り足取り、攻めや受けを仕込まれてました」

 「……え?せ、攻め、受け?」

 「ハイ♪今日のミナミは激しく攻めるので、アーニャは受けきるのが大変でした。だから、途中からは攻め合いです」

 「……え、え?ふ、二人ってそういう……?」

 アーニャちゃん!?言葉が足りてないよ!?

 「いつもミナミに教わってますね。はやく、ミナミを倒せるくらいになりたいです」

 「た、たお……あわわわわわ」

 ら、蘭子ちゃん、顔赤くなってるよ?たぶん誤解だと――

 「わーん!2人が愛に飲まれた~!」

 「ランコ!?あぁ…行ってしまいました」

 ……無自覚に一番攻めてるのは、アーニャちゃんだよ……。

 

 

(了)

 

参考棋譜

 

第1期叡王戦 森内―阿部光 戦

第75期A級順位戦森内―渡辺 戦

第10回朝日杯将棋オープン戦 石田―先崎 戦

第7期竜王戦第6局 羽生―佐藤 戦

 

盤上のシンデレラ 第12局 本田―安部 戦

盤上のシンデレラ 第16局 本田―川島 戦

 

参考記事

本田未央の『居角左美濃』考察 - 神崎蘭子さんの将棋グリモワール

美波流(仮)手順

▲7六歩   △8四歩   ▲6八銀   △3四歩   ▲6六歩   △6二銀
▲5六歩   △8五歩   ▲7七銀   △3二銀   ▲4八銀   △6四歩
▲5八金右 △6三銀   ▲7八金   △4二玉   ▲6九玉   △3一玉
▲6七金右 △7四歩   ▲7九角   △7三桂   ▲4六角 △1四歩
▲1六歩   △5二金右 ▲3六歩   △6二飛   ▲3八飛

 

佐久間まゆの徒然観戦  Open my eyes for dreaming

 

「何が、起きたのでしょうか…」

 

f:id:kaedep:20160913233123j:plain

 

終局直後の菜々さんのその言葉が、一局をよく表していました。

背筋が震えるような…得体のしれないものを見たような…。
畏怖のような感情すら湧いています。

事務所の空気も同じようなものでした。言葉が出ません。

 

……何が起きたのか。もう一度、振り返ろうと思います。

 

 

第64期 王座戦第1局 羽生王座―糸谷八段 戦
(2016年9月6日)

 

王座戦の開幕…。ここ数年続いていた、4連続タイトル防衛戦の最後です。

今年は、いろいろな事がありました。

少し、取り乱してしまったこともありましたけど…周りは関係ないですよね。
あの人が頑張っているなら、それを応援するだけ。そう決めました。

 

 f:id:kaedep:20160913234643g:plain

▲7六歩   △3四歩   ▲2六歩   △3二金   ▲2五歩   △8八角
▲同 銀   △2二銀   ▲6八玉   △3三銀   ▲3八銀   △7二銀
▲7七銀   △6四歩   ▲2七銀   △7四歩   ▲7八金   △6三銀
▲2六銀

 

糸谷さんは、昔から一手損角換わりが得意です。
すごくバランスの難しい戦型ですけど、薄い玉でも崩れない、独特な棋風ですね。

羽生王座も棋聖戦第5局など、採用はしますけど…指し方が違います。
個性が出やすい戦型なのかもしれません。

先手の羽生王座は棒銀で対抗しました。普通の角換わりとは1手違うから…ですけど、簡単には突破できません。

細かな駆け引きが続きます。

 

f:id:kaedep:20160913235031g:plain

 △1四歩   ▲3六歩   △4四歩   ▲3五歩   △6五歩▲3四歩  
 △同 銀   ▲7九玉   △7三角   ▲3七角   △4二飛

 

角を打ちあって、△4二飛。不思議な形ですが、これで先手を牽制しているんですね。後手は1手損を利用して、飛車先を突かずに駒組みを進めます。

駒を前に出そうとすると隙を突かれるので、強い攻めが決まりにくい…手を作りにくい展開です。

 

f:id:kaedep:20160913235758g:plain

▲6六歩   △同 歩   ▲同 銀   △7二金   ▲5八金   △4五歩
▲7三角成 △同 桂   ▲3七銀   △3三角   ▲6七金右

▲5八金を、後で羽生王座が悔やんでいました。…いえ、ここまでの手順に問題があったかもしれない、とすらしています。

意味が分かりませんよねぇ?でも、そういう世界なんですよ。

後手から角交換して、△3三角。この銀取りを受けるための▲5八金なんですよ。でも、ここからの手順が鋭かったんです。

 

f:id:kaedep:20160914000002g:plain

△3六歩 ▲同 銀   △3五歩

△3六歩から銀をつり上げて、△3五歩。これで、銀が逃げる余裕がありません。

▲2七銀は、△4六歩から後手の猛攻を浴びます。▲5八金のままなら、▲2七銀△4六歩▲3八銀で受けが効いたんですけど…。▲6七金を強制されて、受けきれないんです。

 (変化図)

f:id:kaedep:20160914002331g:plain
▲2七銀△4六歩▲同歩△同飛
(△4九飛成と△6六角の十字飛車が受かりません)

ここで、羽生王座の手が止まりました。

 

 f:id:kaedep:20160914000020g:plain

▲2六角   △3六歩   ▲5三角成 △5二銀 ▲4二馬   △同 玉(図)
▲8一飛   △6四角   ▲1八飛

 

▲2六角。17分でしたが、長く感じましたねぇ…。攻め合いなんですけど、他に手がないともいえます。
でも、銀をそのまま取られて、馬も交換することになって…銀損です。

 

このとき、事務所も嫌な空気に包まれまていました。馬も消えてしまって、飛車1枚ではどうしようもない…と。

「矢倉に『銀損定跡』はあるけど、先手玉が堅く攻めが続くから成立してるの。この局面だと…」
継ぎ盤を挟んだ、美波ちゃんの顔も曇っていました。

▲6四角は攻防に効いていて、やはり厳しく見えます。▲1八飛と駒を封じ込めたところで、糸谷さんが手を止めました。

おそらく、良くできるとみての長考…でしょう。辛い、時間でしたね。

 

f:id:kaedep:20160914001112g:plain

 

「……いくら何でも長すぎませんか?」(ありすちゃん)

10分…20分…。残り時間は既に2時間を切っているのに、手が指されません。

盤を囲って検討が始まり……しばらくして、手が止まりました。

 

自然に見える△3七歩成は、▲6五歩が角取りです。△同桂▲同銀△5五角…

(変化図1)

f:id:kaedep:20160915003506g:plain

(▲1八飛から△3七歩成の変化)

△3七歩成 ▲6五歩   △同 桂   ▲同 銀   △5五角右 ▲6四桂
△6一歩   ▲9一飛成
(次の▲5六香や▲5二桂成から▲6一竜が受けにくいです)


飛車を捕獲しにいく△8二銀や△8五桂も自然ですけど、▲3五歩がありますねぇ。

この銀が動くと、▲2一飛成~▲2三竜と逃げられるんです。

(変化図2)

f:id:kaedep:20160915004134g:plain
(▲1八飛から△8二銀の変化)

△8二銀   ▲3五歩   △7一金   ▲同飛成   △同 銀   ▲3四歩
△1五角   ▲5四金
(角を取れる上に駒がバラバラで、後手玉が不安定ですね)


(変化図3)

f:id:kaedep:20160915004151g:plain

 (▲1八飛に△8五桂の変化)

△8五桂   ▲3五歩   △4三銀引 ▲2一飛成 △3一金   ▲2三龍
△3二銀打 ▲2四歩   △2三銀   ▲同歩成   △1五角   ▲6五歩
△8二角   ▲6四桂
(後手陣にと金ができて嫌みが多いです)

  

もちろん後手が悪いというわけじゃなくて、どの変化も難しいのですが…「銀損」した将棋が「難しい」んです。

どうなっているのか…次の手が指されるのを待つしかありませんでした。

 

f:id:kaedep:20160914001127g:plain

△6五銀 ▲同 銀   △同 桂   ▲6六歩   △5七桂成 ▲同 金   △6一歩
▲5六桂

 

33分かけて放たれたのは、△6五銀…。▲6五歩を防ぐ意味でも、自然な手ではあります。ですけど、これは精算して▲6六歩が受けの好手になります。
先手陣が、一気に引き締まりました。

底歩で飛車の効きを止めましたけど、▲5六桂が絶好です。
……ここ数手で、「後手が良い」という雰囲気は消えてしまいました。

 

何が起きたのか分からないまま、指し手が続いていきます。

 

f:id:kaedep:20160914001142g:plain

△5三角   ▲8八玉   △5五角   ▲4四銀   △同角上 ▲同 桂  
△同 角   ▲9一飛成 △4三銀引 ▲5六香

 

▲8八玉の早逃げも好手ですね。戦場から遠ざかりつつ、△3五角で玉を睨む手を消しています。
羽生さんらしい手渡しです。そしてそれは、手を渡せるだけの余裕があるということなんです。

 

▲5六香で夕食休憩に入りました。

このときには、満場一致で「先手優勢」の見方でしたねぇ…。歩切れがとても痛いです。

…でも、この香は銀損から23手後に取った香です。
最初は、取れる見込みすらなかったんですよ?△6四角が睨んでいましたから。

理解が追い付かない…その一言に尽きます。

 

f:id:kaedep:20160914001203g:plain

△6二金 ▲6四角   △3三玉   ▲5二香成 △同 銀   ▲4六歩  
△5三香 ▲4五歩   △5七香成 ▲4四歩   △6七銀   ▲5一角
△2二玉

粘りや早指しに定評のある糸谷さんですけど、粘る手段がありません。歩切れですから、細かな受けの手段がありません。

攻め合いを目指しますけど、8八玉が遠いですね。そして、封じ込めたはずの▲1八飛が受けによく効いています。

後手の攻めを受ける手もありますが、一直線に勝ちにいきました。このあたりも、羽生さんらしい指し回しです。

先手玉は、絶対に詰みません。そして、収束です。

 

f:id:kaedep:20160914001209g:plain

▲3三歩   △同 桂   ▲4三銀   △同 金   ▲同歩成   △同 銀
▲3四歩   △同 銀   ▲6七金   △同成香   ▲3二金

まで、95手で先手の勝ち

 

▲4三銀で、後手は受けなし。最後は▲6七銀と質駒を取って、後手玉を即詰みに打ち取りました。

 

…そして、冒頭の場面につながります。

 (投了図)

f:id:kaedep:20160914001222g:plain

 

もともと、羽生さんの指し方は…その強さは「理解できない」ところにあります。

予想していなかったけれど、指されてみると難しい…これは非常に大きな武器です。それまでの相手の読みが外されるわけですから。

だからこそ、羽生さんに対する棋士の多くは「序中盤で先行して、逃げ切る」という形を目指すわけです。

 

……でも、それが分かっていても、本局は異常でした。中盤が始まったばかりの局面で銀損をして、それでも難しい。

それまでの手順に細かな問題はあったのでしょう。でも、銀損から明快に良くならない……そんな局面を作り続けたことが恐ろしいんです。

 

感想戦も、徹底してその周囲が調べられました。やはり△6五銀が疑問手だったという話でしたが、はっきりした代替案がなかなか出ませんでした。

その前の△5二銀や△6四角以外にも、有力な手はいろいろあります。なのに、進めると難しい…。

「わずかに後手良し」や互いに怖い陣形になってしまいます。

もちろん、本譜より他の手を選ぶべきなんでしょうけど、糸谷さんの感覚を狂わせた…それほど不思議な局面だった、と言う方が適切かもしれませんね。

そして羽生さんは、「そういう局面」だと判断して誘導したわけです。

 


「見えている世界が違うんですかねぇ…」

菜々さんの茫然とした呟きに、答えられる人はいませんでした。

 

 

 

今期は、いろいろなことがありました。いろいろな意見もありました。

……今が永遠に続くわけがないことは、分かっています。

それでも…こんな手を見せられたら、夢をみたくなるんです。

理解のできない手を、その感動を、ずっと観られるんじゃないか…って。

 

 

 

夜、プロデューサーさんから連絡がありました。

『お誕生日、おめでとうございます。何か希望がありましたら、できる限りお受けします』

日付をみると、9月7日でした。夢中になって、半分忘れかけていましたねぇ…。
プロデューサーさんらしい文面でしたけど、何をお願いするか、少し迷います。
2人の時間は、これからいくらでも作れる。…いや、作る。

だから、今しか抱けないこの想いを、夢を、残そう。

そう決めて、お願いすることにしました。

 

『じゃあ…久しぶりに、企画に参加させてください』

 


願わくば、目を開いて、その夢の続きを。

 

 

(了)

新田美波の答案添削  解答にみるアイドルの個性

 f:id:kaedep:20160903155551p:plain

 

みなさん、お久しぶりです。今回は、プロデューサーさん曰く「息ぬきの企画」だそうです。
えーと、企画書があるので読みますね。

「事務所で将棋が流行しているのはいいのですが、各アイドルで知識にバラつきがあるようです。そこで把握のために、テストを行いました」

ということです。普段から解説役の私が答案を添削することになりました。

少し見るだけでも…かなり個性的な解答が多いですね。
それでは、よろしくお願いします。


問題1:『タイトル戦は「   」に似ている』
の発言からついた、「  」流。空白を埋めよ

 

佐久間まゆの答え>
恋愛流

≪美波のコメント≫
正解です。深浦九段の発言ですね。数ヶ月に渡って、相手のことを考えるから…ということだそうです。
まゆちゃんには、簡単でしたか。

安部菜々の答え>
泥沼流

≪美波のコメント≫
それは故米長永世棋聖です。どちらも、終盤の粘りに特色がありますけれど。

渋谷凛の答え>
泥沼恋愛流

≪美波のコメント≫
混ぜると危険な予感しかしないのでやめましょう。

 

問題2:勝ちパターンとされている「固い」「攻めてる」「  」 空白を埋めよ

 

<橘ありすの答え>
切れない

≪美波のコメント≫
正解です。反撃させる余裕を与えず、攻め続ければ勝てる…ということですね。でも、そんな局面が実現したときには既に大差だったりします。

向井拓海の答え>
キレない

≪美波のコメント≫
何か違う意味に聞こえますけど…。

輿水幸子の答え>
カワイイ

≪美波のコメント≫
幸子ちゃんはいつも攻めてますよね。ほら、スカイダイビングしたり。

 

問題3:角換わりの、右銀の位置で決まる戦型を3つ答えよ

 

川島瑞樹の答え>
腰掛け銀 早繰り銀 棒銀

≪美波のコメント≫
正解です。今は腰掛け銀が主流ですが、棒銀が多用されていた時代もあったそうです(菜々さん談)

前川みくの答え>
腰掛け銀 棒銀 右玉

≪美波のコメント≫
早繰り銀が少ないので分からなかったのでしょうけど…。玉の位置まで変わってます。

日野茜の答え>
棒銀! 棒銀!! 棒銀!!!

≪美波のコメント≫
茜ちゃんが棒銀好きなことは伝わりました。

 

問題4:矢倉は将棋の「  」である。空欄を埋めよ

 

鷺沢文香の答え>
純文学

≪美波のコメント≫
正解です。これは故米長國雄永世棋聖の言葉ですが、間違って使われることも多いですね。
元々のは「純文学にあるような、細かな駆け引きが重要な戦型」
という意味なのですが、いつの間にか「矢倉が将棋の王道」
のように解釈されてしまいました。言葉って、難しいですね。

<荒木比奈の答え>
ライトノベル

≪美波のコメント≫
そんなに軽くないと思いますが…確かにこの言葉が出た当時より、定跡が発展して理解しやすくはなりましたね。

<和久井留美の答え>
昼ドラ

≪美波のコメント≫
意味は近いですが重すぎます。

 

問題5:「一歩」からはじまる格言を答えよ

 

<土屋亜子の答え>
一歩千金 一歩竜王

≪美波のコメント≫
正解です。一枚の歩が値千金の価値を持つ、ということですね。

これが文字通りの意味を持った対局が、
竜王戦第7局 藤井猛竜王羽生善治四冠 戦。
互いの玉や重要な駒がない僻地の歩を取った一手が、藤井九段の勝利を決定づけました。

賞金なども考えると、現実に歩が千金になった対局です。

高垣楓の答え>
一歩も動けない…気持ち悪い。

≪美波のコメント≫
楓さん、また二日酔いですか?

<和久井留美の答え>
一夫千金

≪美波のコメント≫
鬼気迫るものを感じます。

 

問題6:歩が成ると、格段に威力が増すさまを表した格言を答えよ

 

前川みくの答え>
と金のおそ早 マムシのと金

≪美波のコメント≫
正解です。取っても歩に戻りますから、かなり厳しい攻めになりますね。

高垣楓の答え>
ハブのと金

≪美波のコメント≫
マムシです……羽生さんと掛けたんですか?

大和亜季の答え>
ソロモンの悪夢

≪美波のコメント≫
ミリタリーから離れましょう。

 

問題7:穴熊の桂馬を跳ねることを何と言うか答えよ

 

十時愛梨の答え>
パンツを脱ぐ

≪美波のコメント≫
正解です。…あまり人前では言わない方がいいですね。

塩見周子の答え>
カツラを取る

≪美波のコメント≫
そのネタ、気に入ったみたいですね。

<アナスタシアの答え>
パンツを飛ばす

≪美波のコメント≫
…あとで、日本語を教えなおします。

 

問題8:この図のように、香車が2枚の駒をつらぬくように働くことを何というか

 f:id:kaedep:20160902005621g:plain

<橘ありすの答え>
田楽刺し

≪美波のコメント≫
正解です。田楽は豆腐やこんにゃく、茄子などを串に通して味噌をつけ焼いた料理のことで、文字通り「串刺し」というわけです。

<二宮飛鳥の答え>
ロンギヌスの槍

≪美波のコメント≫
この香車に世界を制する力があるのですか…?

神崎蘭子の答え>
ロンギヌスの槍

≪美波のコメント≫
この解答がかぶったことに驚きです。やっぱり仲いいんですね。

 

問題9:五冠王を達成した人物を答えよ

 

安部菜々の答え>
大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人、羽生善治三冠(現)

≪美波のコメント≫
正解です。順番も、左から時系列順ですね。六冠、七冠は羽生三冠のみ達成しています。
ただ付け加えると昔はタイトルが7つでなく、特に大山名人は5つしかタイトルが存在しない時期に全て制覇しての五冠なので単純な比較はできません。
 

佐久間まゆの答え>
里見香奈女流四冠(現)

≪美波のコメント≫
なるほど、女流棋士も含めると里見さんも入りますね。タイトルが4つの時代に全冠制覇したのが清水市代女流六段です。

姫川友紀の答え>
イチロー

≪美波のコメント≫
首位打者打点王盗塁王最多安打・最高出塁率

……それは野球のタイトルです。

 

問題10:羽生三冠の終盤術を形容した言葉を答えよ

 
佐久間まゆの答え>
羽生マジック

≪美波のコメント≫
正解です。不利な局面でもいつの間にか勝ちになっているので、この名前がつきました。
他の棋士だと「光速流」「終盤の魔術師」「1億と3手読む男」「1分将棋の神様」などがありますね。名前がつくということは、それだけ強く、特徴的ということです。

<堀裕子の答え>
羽生サイキック

≪美波のコメント≫
念じても勝ちにはなりません。

<大西百合子の答え>
鬼畜眼鏡

≪美波のコメント≫
ノーコメントです。

 

問題11:羽生三冠を筆頭にした、同世代のトップ棋士を示す呼称を答えよ

 

川島瑞樹の答え>
羽生世代

≪美波のコメント≫
正解です。明確に決まった人を示してはいませんが、羽生三冠をはじめ佐藤九段、森内九段、先崎九段、故村山九段が代表的ですね。
後に郷田九段や丸山九段、藤井九段といった同世代の棋士も台頭し、同じく羽生世代とすることも多いです。

<三好紗南の答え>
門番

≪美波のコメント≫
確かに、タイトルを取るには勝たなければならない方々ですが…ゲーム用語はやめましょう。

安部菜々の答え>
チャイルドブランド

≪美波のコメント≫
それはデビュー当時の呼び名です。

 

問題12:『○○?強いよね。「  」隙がないと思うよ』
空欄を埋めよ

 

渋谷凛の答え>
序盤、中盤、終盤

≪美波のコメント≫
正解です。最初の発言者は佐藤紳哉六段ですね。
これが放映されたNHK杯は、本戦に出場するまでに予選で3連勝が必要です。(免除者、シードを除く)更に地上波で放送される棋戦は、今この棋戦しかありません。
佐藤六段も数年ぶりの本戦出場で、かなり意気込んでいたわけです。

…少し、から回ってしまいましたけどね。

<二宮飛鳥の答え>
セカイの創まり、展開、終焉

≪美波のコメント≫
それは視聴者に伝わらないと思います。

佐久間まゆの答え>
おはようからおやすみまで

≪美波のコメント≫
インタビューで歌ってどうするんですか…。

 

問題13:升田幸三賞を受賞した戦型を答えよ

 

<橘ありすの答え>
藤井システム

≪美波のコメント≫
正解です。藤井九段は、他にも角交換四間飛車の定跡発展で賞を受賞しています。

前川みくの答え>
トマホーク

≪美波のコメント≫
残念ながら、受賞していませんね。プロ間で流行していないのが大きそうですけど、同じ三間飛車なら「2手目△3二飛」が受賞しています。

<堀裕子の答え>
ヒエピタ新手

≪美波のコメント≫
まさかの盤外ですか。該当する棋士が2人ほど思い当たりますね…。

 

問題14:最長手数の詰将棋「ミクロコスモス
その手数を答えよ

 

<土屋亜子の答え>
1525手

≪美波のコメント≫
正解です。将棋盤は81マスなので同じ地点を繰り返し動かないと長手数は達成できませんが、同じような局面でも駒の位置や持ち駒を少しずつ変化させ、この手数を達成しました。この記録が破られることはあるのか、気になるところです。

安部菜々の答え>
1519手

≪美波のコメント≫
それ、出題された当時の手数じゃ…。その後改良されて、6手伸びてます。

一ノ瀬志希の答え>
▲4一歩成△5二玉▲6二桂成△同玉▲6一と△5二玉▲5一と△6二玉▲7二桂成……(延々と手順が書き連ねてある)

…………まで1525手詰

≪美波のコメント≫
……暗記して書かれても採点に困ります。

 

問題15:淡路島にある、有名なタイトル戦の会場は?

 

前川みくの答え>
ホテルニューアワジ

≪美波のコメント≫
正解です。そういえばみくちゃん、関西出身でしたね。 今年の棋聖戦第1局の舞台でもありました。
この会場では、羽生三冠がいつも昼食にきつねうどんを食べることが有名だそうです。相当、気に入ってるのでしょうか。

一ノ瀬志希
Hotel New Awazi

≪美波のコメント≫
何かを連想させるようなアルファベット表記ですね…。

宮本フレデリカの答え>
ねぇ…観て ほら…きれいなうどんね

そう…今  から…食べられなくなる

≪美波のコメント≫
奏さんに解答、伝えておきますね。

 

問題16:この囲いの名称を答えよ

f:id:kaedep:20160902005928g:plain

<橘ありすの答え>
菊水矢倉

≪美波のコメント≫
正解です。考案者の地元にゆかりのある家紋「菊水」が由来だとか。
鷺宮定跡」くらい分かりにくい名前ですね。

市原仁奈の答え>
しゃがみ矢倉でごぜーます!

≪美波のコメント≫
こちらも正解です。ゲームで一気に有名になりました。
由来もそのままで、低い囲いだからです。

安部菜々の答え>
矢内矢倉

≪美波のコメント≫
合ってますけど…何年前の話ですか?

 

問題17:奨励会三段から、棋士四段になるための条件を答えよ

 

<橘ありすの答え>
三段リーグで上位二名、もしくは次点2回(ただしフリークラス)

≪美波のコメント≫
正解です。半年に1度三段リーグが行われますから、年に4人棋士が誕生することになります。
フリークラス入りは権利なので、行使するかは当人の判断ですね。佐藤天彦名人(現)は、この権利を行使せず、後に上位2人に入って棋士になっています。

佐久間まゆの答え>
勝ち星昇段

≪美波のコメント≫
それは…たぶん、羽生世代が棋士になった頃の規定じゃないでしょうか。
当時は三段リーグがなく、三段から四段になるにも勝ち星昇段でした。
9連勝または13勝4敗という、かなり厳しい条件であることに変わりはないです。

安部菜々の答え>
三段リーグ、東西決戦

≪美波のコメント≫
それは…羽生世代よりも前の話かなと……。

 

問題18:「絶対に詰まない」の意味で使われる語を答えよ

 

<土屋亜子の答え>
ゼット

≪美波のコメント≫
正解です。穴熊が一番分かりやすいですね。王手を掛けるスペースがなければ、詰む余地はありません。他にも桂馬がなければ詰まない「桂ゼ」など、変化して使われることもあるみたいです。

<南条光の答え>
ゼットン

≪美波のコメント≫
怪獣になっちゃいましたね。それぐらい、強力ですけど。

安部菜々の答え>
マジンガ―Z

≪美波のコメント≫
もうつっこむ気力も湧いてきません。

 

問題19:対局をするときのあいさつを2つ答えよ

 

<橘ありすの答え>
よろしくお願いします ありがとうございました

≪美波のコメント≫
そうですね。これは正解か否かというより、マナーの問題です。
楽しく指すためにも、大切なことですね。

神崎蘭子の答え>
ミサを始めよう! 闇に飲まれよ!

≪美波のコメント≫
合ってる…のかな?でも、事務所の外では普通のあいさつにしましょうね。

<アナスタシアの答え>
みさをはじめよう! やみにのまれよ!

≪美波のコメント≫
後で蘭子ちゃんと一緒に私のところまで来るように。

 

 

えーと、これで問題は終わりかな?…あ、最後に自由記述欄があるのね。

 

最後:自由に、書きたいことを書いて下さい。

高垣楓のコメント>
お仕事のあとの、打ち上げはまだですか…?

≪美波のコメント≫
楓さん、仕事あってもなくても飲んでますよね…?

<アナスタシアのコメント>
また、ミナミのレクツゥイア…講義、聴きたいですね。

≪美波のコメント≫
ありがとう。分からないところがあったら、また教えるからね。

 

…ふぅ、これで最後かな?えーと……

……………………。

 


多田李衣菜のコメント>

テスト、白紙解答っていうのもロックだよね!

 

 

 ≪美波のコメント≫

…みくちゃんの苦労が分かった気がします。

 

 

(了)

一ノ瀬志希の動画解説  30秒のアプローチ

    f:id:kaedep:20160822153501j:plain

 

 みんな、やっほー!志希ちゃんだよ~。というわけで、今日はよろしくね~。

 

……え、目的の説明?あ、まだだったね~、ゴメンゴメン。

今日のお仕事は、終盤の解説だって。いつもはこの企画、失踪してるんだけど…プロデューサーさんに捕まっちゃった。にゃはは~。

で、収録したのがこれ。この終盤のワンシーン。

 

www.nicovideo.jp

 
だいたい、6:00くらいから始まるよー。

題名の通り元ネタがあって、それがこれ。

NHK杯将棋トーナメント 準々決勝 
森内竜王―谷川王位 戦 (解説 羽生三冠)

2004年 2月8日放映

 

名局と名高いから、覚えてる人もいるんじゃないかな。早指し戦で、3人合わせて5つのタイトルが集まるなんて豪華な顔ぶれだね~。

ちなみに、ありすちゃんがやってた聞き手は千葉女流だね。志希ちゃんはアメリカに行ったりしてたからよくわかんないけど、菜々さんが「懐かしいですねぇ…花の80年生まれ」とか呟いてたよ~。

 

この将棋、互いに居飛車党のはずなのに相振り飛車、しかも相四間飛車になるんだよね。最初から力戦ってわけ。

展開としては、後手の谷川王位が仕掛けて有利になるんだけど、森内竜王も鉄板流って言うぐらい受けが強いから、終盤まで難しい戦いになったんだよね。

全部解説してもいいけど、それだとたぶん本題に入る前にみんな疲れちゃうから一気に終盤まで飛ぶよ~。

 

f:id:kaedep:20160822161205g:plain

動画で演じたのは、このあたりからだね。

動画が始まる1手前、△4六角の王手には合い駒するしかない。でも、使える駒は銀か桂。

で、このときに後手玉の状態が関係するわけ。後手玉は▲8四と△同銀▲8三銀までの詰めろだから、ここで▲3七銀と先手を取ろうとすると、後手玉の詰めろがほどけちゃうってゆー仕組み。

だから、▲3七桂と打つしかない。

f:id:kaedep:20160822161632g:plain


この局面で、解説の羽生三冠は後手の勝ち筋に気付いたわけだけど、手順は省略しちゃってるから解説してくね~。

 

実はこの瞬間、先手玉は詰むのです!ババーン!

 

……ダメ?もっと細かく?仕方ないなぁ~。

 

本譜は△9六銀▲8四銀で後手玉は受けなし。▲9三と△同香(桂)▲8三飛成 までね。

f:id:kaedep:20160822164844g:plain

中途半端に攻めて駒を渡しても、9五に打たれて詰み。
つまり、ここで後手が勝つには詰ますしかないわけ。分かった?

 

NHK杯は1手30秒だから、考える時間を確保した意味もあるかな。この局面で、最後の考慮時間も使い切ってるしね。

 どう詰ますか…、王手にもいろいろな手段があるからね~。1手間違えれば、奈落の底。将棋は逆転のゲームだから、慎重になってやりすぎることはないよ。

 

△3七角成といくのは、▲同玉で次の王手をかけにくい。△3八竜▲同玉△4八金と続けても、▲3七玉で駒が足りなくなるね。(変化図1)

△3九銀も筋だけど、▲1七玉とかわされるとナナメに効く駒がないから詰まない。
(変化図2)

 f:id:kaedep:20160822163215g:plainf:id:kaedep:20160822163237g:plain

というわけで、△3八竜が正解。▲同玉に△4八金から精算して、今度は角が生きてるのが重要なポイントだね。

f:id:kaedep:20160822163706g:plain
△4七歩のときに、横に逃げると詰んじゃう!駒の切る順番で、勝敗が変わっちゃうんだね~。
(変化図)

f:id:kaedep:20160822163734g:plain
(▲3八玉だと、△4八金▲2八玉△2七香▲同玉△3八銀▲1八玉△2七金まで)
3七の地点が塞がってるから、上に脱出できなくなってるね~。

 

下から追いかけて、角を取らせる。で、△4七金が投了図。

f:id:kaedep:20160822164313g:plain

……こっから先も解説するの?志希ちゃんもう疲れた~。
え、「失踪したらくさや持ってくる」?…それはゴメンだね。

 

『玉は下段に落とせ』『中段玉寄せにくし』とは言うけれど、今回は例外。

格言っていうのは、事象の一般的な共通項を述べただけだからね~。
未知の領域に、常識が足枷になることはままあるよ。

今回は、9九にいる馬がよく働いてるから、これで詰むんだよね。

▲3五玉と逃げるしかない時点で相当働いてるけど、△2三桂▲2四玉のときに△3三金と打てるわけ。遠くの馬がよく効いてるよね。

 

f:id:kaedep:20160822164138g:plain

さらに、1一の香車の登場~。▲1三玉を防いでるから、先手の上部脱出が不可能なのだ~。作ったような展開だね!

先手は▲2五玉と下がるしかないけど、△2四香までの詰み。歩を打つと打ち歩詰めだから、ピッタリの詰みだね~。

 
f:id:kaedep:20160822164227g:plain

 

とまぁ、実戦の最終盤、14手だけ解説してみたけど…。ついてこれた?

この対局はその前から駆け引きがすごいから、調べて並べてみるのもおすすめだよ~。

 

…実際は、こうやってしらみつぶしに読んではいないと思うけどね。

人間…特に棋士は、読む量はそこまで多くない。局面の可能性の広さに比べれば、だけど。
でも、膨大な経験と、学習によって正解を導き出す。極端なまでの「選択的探索」なんだよねー。
だから、詰みそうもない余分な変化は切り落として読めるわけ。だからこそ、羽生三冠は詰みに気づいたし、谷川王位も詰ました。
人間の脳のスペックをフルに使った30秒って考えると、ゾクゾクするよね~。

結論としては、将棋というテーマに対して人間が突き詰めていった結果、生まれたシーンがこれ、ということかにゃ~。

羽生三冠はもともと多弁な解説じゃないし、ネタバレにならないよう配慮したことが拍車をかけた感はあるけど…。

 

みんな、あたし達と同じ人間だ…ってことは忘れない方がいいかもね。

この対局はキレイに決まったけど、限られた時間で指す以上、ミスは出て当たり前のものだよ。例え、どんな天才であっても。

「最高の結果」だけ頭に残って、その過去で棋士を定義してしまったら…どっちも苦しいからね~。

科学だって、1つの成功の下には山のような失敗があるのだ~!
そこから、何を学んで次に活かすかが大切だと思うよ。

『良いときは褒めて、そうでないときは応援して』って、誰か事務所の子が言ってた!たぶん!

 

よーし、解説終わり~!

 

これからも、もっと面白いことを探しに行くのだ~♪ 
また面白いテーマがあったら、来るかもね~。

 

それじゃあ、バイバ~イ♪

 

 

 

 

あ、そうそう。プロデューサーが言ってたけど、この企画いろんな子が入れ替わりやってるけど、じょーむだけが皆勤なんだって。
…今は専務?細かいことは気にしなーい♪

(了)

高垣楓の徒然観戦  羽生善治という偶像

    f:id:kaedep:20160805173238p:plain

みなさんお久しぶりです、高垣楓です。
今回は久しぶりに、私がお送りしますね。よろしくお願いします。

 

第87期棋聖戦五番勝負 第5局 2016年 8月 1日

羽生善治棋聖 対 永瀬拓矢六段

 

・対局前


もう、季節も夏です。おつかれサマー…と言いたいところですけど、この日の事務所は休むどころか活気があふれていました。

「楓さん、おはようございます!今日も目が離せませんねぇ」(菜々

「おはようございます。棋聖戦、ですよね?」(

「ええ、久しぶりの最終局な気がします。佐藤九段から奪取した期と…その次の、木村八段を退けた期…以来じゃないですか?あのシリーズもすごかったですよねぇ…」(菜々

「かなり前…ですよね?」(

「あ!……えぇと、棋譜を見たんですよ!アハハ…」(菜々

 

防衛か、奪取か…。若い世代との対決ということも含めて、非常に盛り上がっていました。


9時が近づき画面の中、両対局者が大橋流で駒を並べていきます。

検分のときから、羽生棋聖の髪が茶色に染められていたことが話題になりましたけど…対局で気になるほどではないですね。むしろ、寝癖とかの方が気になります。

 
「羽生さんと、同年代の屋敷九段が立ち合いを務める時代ですか…」(菜々

もう、ベテランの枠ですからね。
振り駒の結果、と金が3枚で永瀬六段の先手になりました。

「戦型は…羽生さん次第です。後手番なら、なおさら」(美波

 

・対局開始

f:id:kaedep:20160805165710g:plain

▲7六歩   △8四歩   ▲2六歩   △3二金   ▲7八金

角換わり模様です。永瀬さんにしては珍しいように思いますけど…。

「第4局が、影響しているかもしれません」(美波

「というと?」(

「永瀬六段の矢倉は早囲いで、先手から形を指定できるメリットがあります。つまり研究もしやすくて、第1局(指し直し局)はそれが思いっきり刺さった対局だったんです。
でも第4局の中原流急戦は…そういった準備が、全く活かせない将棋でしたから。かなり、警戒しているんだと思います」(美波

隣りにいたまゆちゃんも補足してくれます。

「それと…王位戦第2局もあるかもしれませんよ。羽生さんが後手番で、早囲いに対して7筋から動いて力戦に。そして快勝しましたからねぇ」(まゆ

「角換わりにすればおそらく相腰掛け銀になりますから、こちらの方が研究が活きると判断したんだと思います。相当、準備してきたんでしょうね」(美波

永瀬さんの趣向…ということらしいです。
角換わりの駒組みになればしばらく穏やかな序盤になりますから、事務所の雰囲気は和やかなものです。

ありすちゃんと飛鳥ちゃんが10秒将棋を指したり、
美波ちゃんがアーニャちゃんに角換わりを教えたり…。


思えば、落ち着いていられたのは最初の5分間だけでした。

 

・△9四歩

f:id:kaedep:20160805170037g:plain

「ひえー!」(菜々
その叫びが、みんなの心を代弁していたように思います。

南禅寺の決戦ですか!?」(菜々
周りの若い子には伝わってないですけど…いつものことですね。

 

「力戦模様にするのは…久しぶりに観ます。でも、ときどき指すんですよねぇ…」(まゆ

「確か、タイトル戦でも前例が…ちょっと待っててください」(美波

しばらくパソコンを操作して、見つけてくれました。

王座戦第1局 中村太―羽生 戦
竜王戦第4局 糸谷―渡辺  戦

前者は一手損角換わりに、後者は先手中飛車になっています。

「互いに手が広くて、どんな展開もありえます。矢倉、角換わり、一手損、横歩取り、陽動振り飛車…。羽生棋聖の方は、力戦にすればどんな形でもいいということだと思います」(美波

逆に永瀬六段からすれば、できるだけ研究が活きる展開にしたいだろうから、無難な手を選ぶのではないでしょうか。とも付け加えてくれました。


・美波ちゃんの解説

f:id:kaedep:20160805170345g:plain

▲9六歩   △3四歩   ▲2五歩   △8八角成 ▲同 銀   △2二銀
▲3八銀   △3三銀   ▲4六歩   △7二銀   ▲4七銀   △6四歩
▲3六歩   △6三銀   ▲3七桂   △4二玉   ▲4八金   △5二金
▲7七銀   △5四銀

戦型は、一手損角換わりになりました。定跡ではないので、互いに少しずつ時間を使いながら指しています。
局面の解説をしたいのですが…抽象的で、何を話せばいいのか分かりません。

美波ちゃんに解説をお願いすることにします。仕方ないですよね?

久しぶりに、「初級者向け」「中級者向け」「有段者向け」の3通りでお願いしてみました。

美波

「初級者向け」

戦型は『一手損角換わり』です。特徴は、後手が△8五歩を突いていないことにあります。こうしておくと、後の攻め合いのときに△8五桂と一手で桂馬を使える余地があるんです。
普通の角換わりのような展開だと、この桂跳ねが後手にとってプラスになるので工夫が必要なんです。
だから、先手は居玉にして様子をみているんですね。

「中級者向け」

一手損に対して先手の対策はいろいろありますけど、早繰り銀も棒銀も先手が明快に良くなる筋は見つかっていません。
△5一玉型で待たれると遠く、△4二飛のような対策もあります。9筋の突き合いが▲9五角の筋を消してより損な可能性もありますね。
本局は腰掛け銀に▲4八金型を組み合わせたのが永瀬六段の工夫です。おそらく▲2九飛と構えると思います。

「有段者向け」

正調角換わりにおける▲4八金・▲2九飛型は有名になりましたが、一手損でどうなるか…は未開拓の分野です。3七桂を捌くのに適していますから、△8五桂よりも早く攻勢をとれる可能性は高いです。ですから△4三歩型で待機するかもしれません。
後手からすれば7~9筋の薄さを突きたいですが、一手損の意味が薄れるので悩ましいです。
互いに陣形を見ながら手を決定したいですね。

非常に構想力が試される局面です。

序盤の戦型選択は、羽生棋聖が十分ではないか…というのが美波ちゃんの見解でした。


・菜々さんの見解 (手の流れ)

 

f:id:kaedep:20160805170740g:plain

▲4五歩   △3一玉   ▲5六歩   △1四歩 ▲1六歩   △4四歩  
▲同 歩   △同 銀   ▲6八玉   △3三銀 ▲2九飛   △7四歩

お昼休憩を挟みましたが、まだ序盤戦…です。
今度は、菜々さんに聞いてみましょう。

「ナナは昔から『角交換に5筋は突くな』と教えられてきたのですけど。今は、相腰掛け銀でも突くんですねぇ…。いや、もっと昔には突く将棋も多かったそうですけれど、棋譜すら十分に残っていないと思います」(菜々

感覚が違う…と言いながらも、菜々さんは後手が少しポイントをあげたとみているようです。

「4筋の位を取って、▲5六歩を突いて…。盛り上がる将棋にする予定だったと思うんです。それなら、ナナも得意な展開です。
でも…△4四歩から歩交換にされるのを軽視した気がするんですよねぇ。
せっかく2手かけて突いた歩が消えて、桂馬も使えてないですし、5筋の歩も活きてる気がしないんです。
▲2四歩といけないとおかしいんですけど、△同歩▲同飛△4六歩!の利かしが入るので…。(取ると△1三角)難しいですけど、居玉のまま戦いにしたくはないです。

(参考図)

f:id:kaedep:20160805171015g:plain

おそらく、永瀬さんの棋風じゃないでしょうし。
形勢は互角ですけど、流れでみると後手を持ちたいですねぇ。
こういう力戦はそこかしこに悪手、疑問手が転がっていますから、バランスを取るのだけでも一苦労ですよ…」(菜々

ここからの構想が、互いに奏功するといいのですけど…ふふっ。

 

・ありすちゃんの見解(手損、方針)

 f:id:kaedep:20160805173345g:plain

▲6六銀   △8五歩   ▲5八玉   △6三金 ▲5七金   △7三桂  
▲4八玉   △8六歩   ▲同 歩   △同飛  ▲8七歩   △8二飛  
▲5八金   △4五歩

更に手順は進み、先手は右玉に構えました。

「少し…変じゃないですか?」(ありす

先手の手順に、首をかしげています。

「▲6八玉、▲6六銀、▲5八玉、▲5七金、▲4八玉、▲5八金。手損もそうですし、方針が分かりません。すぐに先手陣が破られるわけではありませんが、自分から動きにいく将棋ではなくなりました。カウンター狙いでしょうか」(ありす

永瀬六段は千日手狙いではないか…なんて、冗談と判断していいのか悩ましい声も出てきました。
△4五歩の局面は、後手良しの見解で一致しましたね。


・そして決戦へ

 f:id:kaedep:20160805173726g:plain

▲5五歩   △4三銀 ▲5七銀   △4四銀左 ▲4五桂   △6五桂 (図) 
▲6六銀   △5四歩 ▲4六歩   △5五銀   ▲2四歩   △同 歩 
▲5六歩   △6六銀 ▲同 歩   △8四角 (下図)▲6七金左 △7八銀  
▲7五歩   △6七銀不成▲同 金   △7五角   ▲7六銀

これ以上待っても良くならないとみた先手は、▲5五歩から動きました。

ただ△4四銀とした局面は、先ほどの△4五歩が痛いほど効いてきます。玉の真上に拠点があるので、強く戦うことができません。

そこで▲4五桂。△同銀は▲4六歩で取り返せますけど、玉頭が戦場になりました。

「△3一玉と▲4八玉、1段の違いが大きく出てきそうです」(美波

戦場から遠い方がいい、ということですね。
後手も強く△6五桂…もう、後には引けません。

△5五銀では△5五歩もありましたが、銀を取って△8四角。この自陣角が狙いでした。

(途中図)

f:id:kaedep:20160805194200g:plain

玉を睨みつつ、△6六角と出て王手と桂の活用をみています。

▲6七銀のように受けると、△4四歩から桂馬を取る手が間に合ってきそうです。

なので▲6七金左と節約しましたが、△7八銀の追撃がありました。

 

……とここまで書くと後手が好調なようですけど、永瀬六段も崩れません。

▲7五歩と角を近づけて、▲7六銀。飛車成を受けつつ角取りにもなっています。

「……まだ難しいですかねぇ。攻めては▲7一角がありますし、一方的な展開にはならないですよね」(菜々

 

▲4五桂が攻めに働くと、後手陣も安泰ではなさそうです。

結論が出ないまま画面を眺めていましたが、羽生棋聖の手は駒台に伸びました。

 

 f:id:kaedep:20160805173640g:plain

△6八金(図) ▲同 金   △6六角 ▲3八玉   △9九角成

「ひえぇー!!?」(菜々
「えぇ!?」(美波
「ダーティシトー!」(アーニャ

悲鳴が一斉に上がりました。金のタダ捨てです。

「え?……これは取るしかないですよね。△6六角と出て…繋がってるんですか?」(美波

持ち駒は歩だけ。角桂だけで手が作れるのか、少し、不穏な空気が流れます。

ただ桂馬を成らずに、香車を取ったところで後手の意図がはっきりとしてきました。

「歩切れだから△2五香と打つ狙いでしたか…。『歩切れの香は角以上』……B面攻撃ですねぇ」(菜々

歩がないので、飛車取りをうまく受けとめることができません。

「前の▲2四歩を咎めていますね。先手としては、嫌な手です」(美波

それでも、勝敗が決まる空気ではありませんでした。まだまだ、戦いは続きます。

 

・受ける先手、攻める後手

f:id:kaedep:20160805181048g:plain

▲7一角   △7二飛   ▲1七角成 △2五香 ▲4九飛   △4四歩  

▲5三金   △同 金   ▲同桂成   △6六馬 ▲6七銀   △9三馬  

▲5八銀右 △5七金

 

やはり香車を打って、△4四歩と急かす。先手は馬を自陣に引いて防戦します。
後手は歩を沢山持っていますが、使える筋がありません。

羽生棋聖が攻めきるか、永瀬六段が受けきるか。ギリギリの攻防です。

「この二人だと、こういう展開になるんですねぇ…」(菜々

そんな中指された△9三馬には羽生さんらしい、との評価でしたね。
じっと手を渡して、永瀬さんに選択肢をゆだねたわけです。
局面は、先手がどう△5七桂成を受けるか、というところ。金銀を打てば崩れませんが、後手陣への攻めも薄くなるので長期戦になります。

▲5八銀は、一番強い受けと言われていました。△5七金で絡むのは自然ですが、また手が広いです。

▲7八金打、▲5九金のような受けや▲4五歩の攻め合いが検討されました。
一番激しくなるのは▲4五歩ですけど、香がよく働いて厳密には思わしくなさそうです。
「そもそも、永瀬六段の棋風ではないように思います」(美波

▲7八金打に△6八金▲同金△5七金▲7八金打…と進むと千日手ですけど、これは後手に打開の権利があります。
△7三飛と催促したときに、後手陣に迫る手が難しい…ようです。

(変化図)

f:id:kaedep:20160805181258g:plain

桂馬を取れば、先手陣はより危険になります。△2六桂のような王手が馬の効きを止めつつ寄せに働きそうです。

「受けきり勝ちや、攻め筋を見せて急かすつもりなら喜々として受けそうですけれど、どちらも望めないと指しにくいですねぇ」(菜々

難しくなった…とはいえ、後手が少し余しているか。そんな雰囲気になりました。

 

・収束へ

f:id:kaedep:20160805180134g:plain

 

▲同 銀   △同桂成 ▲同 金   △同 馬   ▲5八金

すんなり精算する順は、あまり検討されていませんでした。指した瞬間、意外そうな声が上がります。

▲5八金で馬を弾けるなら得ですけど、この瞬間が非常に危険で…むしろ寄ってる方が自然なくらいです。
すぐに、△2七銀から迫る順が並べられます。

「△3九金から送って…受けなしですよね?」(美波)

後手玉は絶対に詰まない形ですから、ここまでくると後手勝ちです。ですけど、先手から変化する余地はなさそうです。

静かに、行く末を見守ります。

 

 ・終局

f:id:kaedep:20160805181449g:plain

△2七銀   ▲同 馬   △3九金 ▲同 飛   △2七香成 ▲4九玉  
△3九馬   ▲5九玉   △4九飛 ▲6八玉   △8九飛成 ▲7八金   △5七角
まで、112手で先手の勝ち

 

▲5九玉には菜々さんが3度目の悲鳴を上げましたが、形勢は動きません。最後の数手は、羽生棋聖の手がモニター越しでも分かるほど震えていました。

△5七角に、額の冷却シートをはがして永瀬六段の投了。


これで羽生棋聖の防衛、9連覇、通算15期が決まりました。

『………………』

対局者と同じように、事務所もしばらく無言が続きます。
展開が急に速くなったというのもありますし、こう…まだ戦いが続くのではないか、というような熱が残っていました。

それくらい、壮絶なシリーズでした。

感想戦に入るあたりで、事務所の空気もゆるんできて感想を言い合います。

「1局目の千日手から、お互いの色がよく出た戦いでしたねぇ」(菜々
「やはり、研究を外したのがよかったのでしょうか」(ありす

ありすちゃんの言葉に、少しまゆちゃんが眉をひそめました。まゆだけに。

「…『外した』というよりも、『違う引き出しを使った』の表現があってると思いますよ。もともとオールラウンダーで、どんな形でも強いのが羽生さんですから」(まゆ
「そうですか…。でも、横歩取りに苦戦しているのは変わらないと思いました」(ありす

『…………』

また、静かになってしまいました。ここで終わるには、ちょっと物足りないですね。

「じゃあ、美波ちゃんのまとめで、解散にしましょうか」(

「えぇ、私ですか!?えーっと……若手棋士と羽生世代の質の違いみたいなものが、よく表れたシリーズだったかなと思います。

羽生さんが10ほど前に『情報化が進むにつれて、将棋が強くなるための高速道路が一気に敷かれた。でも高速道路を抜けた先では大渋滞が起きている』という例えを語ったことがありました。でも、今はそれがより顕著になっているんですね。
情報と研究で、終局までほぼすべての道のりを整備してしまうことすらあります。羽生棋聖の多忙さも含めて、この領域で競り勝つのは容易なことではないです。

でも少し脇道に逸れると、そこは未開の地が広がっています。読みと、感覚や大局観の勝負になったときには、まだ羽生世代に分がある。そんな印象でした」(美波

「定跡を開拓してきた人達ですからねぇ…。将棋はつくづく簡単じゃないと思い知らされます」(菜々


美波ちゃんの優等生なコメントで、検討は解散になりました。

 

 
・特別、ということ

 
人気の少なくなった事務所を眺めながら、ふと考えます。
将棋界の中で、羽生善治という棋士を見る目は他の人と明らかに違うと。

春の名人戦以降、その勝敗にはいろいろな反応がありました。
プラスもマイナスもいろいろでしたし、そのあたりは美波ちゃんが書いたりもしましたけど…
羽生さんを特別としていることは共通しています。

何か、他の人とは違うものを見ているような…そんな印象でした。

なぜ羽生さんは特別なのか。

それは…そう、感じたいから。なのかもしれません。
羽生善治は底が見えなくて、羽生善治は完璧で、羽生善治は特別で…。
そう思いたい人たちの意思が、本当の羽生さんを隠しているのだと。

そして、羽生さんもそれを否定しません。それだけ強く、勝ちを積み重ねてきたわけで。
それどころか勝つごとに、タイトルを得るごとに意思はより強くなっていきます。

まるで、『羽生善治という偶像』をみているかのようです。

アイドルを見るそれと…とてもよく似ている。そう、感じました。

 

でも、完璧な人間なんていません。誰だって迷い、悩みます。
眼鏡や染めた髪も人間的な、現状に対するささやかな対抗なのでしょう。羽生さんだって、普通の人間なんです。

20年トップを走って、若い世代が台頭する中、なおも特別であることを求められる…。
どんな心境か、想像すらできません。



「あれ、楓さん、帰らないんですか?」

美波ちゃんの声で我に返ります。もう、部屋にほとんど人はいませんでした。

つい、考え込んでしまったみたいです。

「…美波ちゃん」

「何ですか?」

「もし、自分のやっていることに終わりが見えないとき。キリがないと感じるとき。美波ちゃんなら、どうする?」

本当はこんなこと、人に聞くものじゃないんですけど…つい、口に出してしまって。
でも、美波ちゃんは少し考えて答えてくれました。

「目の前にあることを、やるしかないですね。先が見えなくても、1歩1歩前に進まないといけませんから」

私みたいに、目の前だけ見すぎて体調を崩しては元も子もないですけどね。と苦笑してましたけど、美波ちゃんらしい真っ直ぐな答えでした。

「そう、……ありがとう」

こうやって考えていても、仕方がない。

棋士は目の前の一局に全力を出して、それを積み重ねていく。周りがどうあろうと、それが本分です。

私のような観る側は、そんな勝負の面白さ、熱意を感じて、伝えることができたら……。それが今、目の前のできることかもしれません。

 

 

 

 

 

「じゃあ、目の前にいる美波ちゃんと二人で飲みに行きましょうか」

 「楓さん、私は未成年です」

 

 

(了)

安部菜々の徒然観戦 ~現代将棋と羽生世代~

 f:id:kaedep:20160716134417j:plain


この15年、将棋界を制覇してきた『羽生世代』。そしてその『ちょっと下の世代』。さらに、20代半ばの『渡辺竜王を中心とする世代』そしてそれよりも『もっと若い世代』。

この『4つの世代』が、これからの10年、熾烈な争いを繰り広げることになるのだ。

(第80期棋聖戦第1局観戦記より)

 

この文が書かれたのが2009年6月。

そして7年後の今、その『戦国時代』が激しさを増しています。

 

大きな流れでいえば、『羽生世代同士』のタイトル戦から『羽生世代 対 下の世代』のタイトル戦が増えました。
でも、タイトルを手にする人は渡辺竜王をはじめ限られていて、羽生善治その人の壁がずっと立ちはだかっている…それがここ数年の流れでした。
若手の挑戦を幾度となく退け、防衛を続けるその姿は…同じ人間とは思えないくらいで。

大きく動いたのは、今年の春です。佐藤天彦八段が名人を奪取したのは記憶に新しいですね。これで、羽生世代以降の棋士が初めて名人を獲りました。

3度目のタイトル戦、後手横歩の勝率、周囲の評価…それだけ充実していましたし、頷ける結果ではあります。 将棋界全体でみれば、有望な若手が脚光を浴びるのは良いことですし。

ですけど、やはり衝撃は大きなものでした。20年以上続いた『羽生世代』の時代がついに動くのか…いろいろな反応がありました。 実際はタイトル一つにおいての話なので、名人戦だけで結論が出るものではないですけど。

 

そんな中迎えた棋聖戦は、佐藤八段よりも若い永瀬六段が挑戦しています。

そして…第3局までで永瀬六段の2勝1敗。

特に第1局は千日手を挟んでの勝利。第3局は受けに徹しての逆転と、永瀬さんらしい勝利で奪取まであと1勝まで迫りました。

羽生棋聖からすればカド番であり、いくぶん不本意な内容といえるでしょう。

とにかく、本局に負ければ棋聖も失冠、タイトル戦3連敗(王将戦含め)になってしまいます。 王位戦王座戦もありますから、先への不安含めていろいろと周囲がざわついた中での対局になりました。

 

 

棋聖戦 第86期棋聖戦 第4局 (7月13日)
永瀬六段―羽生棋聖 戦

 

事務所の戦型予想ではバラバラでしたけれど「後手の羽生棋聖がどう動くか」による、という点は一致していました。

永瀬六段からすれば自分のペースでぶつかっていくのがベストでしょうし、羽生棋聖が変化するならときおり採用する後手一手損角換わりや振り飛車はあり得るかもしれない…という意見もありましたね。

 

f:id:kaedep:20160716135019g:plain

▲7六歩   △8四歩   ▲6八銀   △3四歩   ▲7七銀   △6二銀
▲5六歩   △5四歩   ▲4八銀   △4二銀   ▲5八金右 △3二金
▲6六歩   △4一玉   ▲6七金

 

さて、本局の出だしは順当な矢倉になりました。五手目▲7七銀は重要なところで、▲6六歩ですと居角左美濃への対策を考えなければいけません。

永瀬六段からすれば、「▲7七銀から早囲いにすれば損はない」という姿勢なのでしょう。
ただこのまま囲い合いになるのは永瀬六段の研究の範疇のはずですから、少し先の展開を不安視している子もいました。

この先、関係なくなっちゃいましたけれど。

 

 f:id:kaedep:20160716143300g:plain

 △5三銀右

急戦矢倉の意思表示です。
……みんな、どよめきました。久しぶりの急戦矢倉…しかも、あまりに古い形でしたから。

ナナは頭の片隅で、もしかしたらあるかも…と思ったのですけれど。
というのも、羽生棋聖は急戦矢倉、かなり得意にしてるのですね。

朝日杯決勝森内―羽生 戦でもかなり懐かしい形になりましたし、タイトル戦でも何度も採用しています。

冒頭の観戦記が書かれた対局も、羽生名人(当時)は4勝7敗で不調がささやかれていて、その中で急戦矢倉を指しています。(結果は勝ち)
後手番で主導権を握るならば、あり得る選択なんですねぇ。

実は棋聖戦でこういった懐かしい戦型を指すことは多くて、

深浦―羽生戦ではカニカニ銀を
渡辺―羽生戦では相横歩取りを採用しています。(どれも後手勝ち)

こういった、古い形にも鉱脈は眠っている…というのが羽生棋聖のスタンスのようです。

 

f:id:kaedep:20160716143338g:plain

▲2六歩   △5五歩 ▲同 歩   △同 角   ▲2五歩   △5四銀  
▲2四歩   △同 歩 ▲同 飛   △2三歩   ▲2八飛   △7四歩  
▲5七銀   △2二角

△5五歩から動きましたが…△2二角と引く形は見覚えがないといいますか、覚えてないといいますか…。『中原流急戦』と呼ばれていた囲いです。

ナナの記憶には限界があるので、継ぎ盤で検討していた美波ちゃんに聞いてみることにしました。

「この形は…私も見たことがないですけど、そもそも5手目▲7七銀が長らく少数派でしたから仕方がない部分はありますね。
△5三銀右―△5五歩の仕掛けは阿久津流を思い出させますけど、△7四歩を突いていないので全く違う展開になるんです。
というのも、▲6六歩型ですと銀は6八にいるので、△7四歩―△8五歩を決める必要がありました。 でも、本局は既に▲7七銀を上がっていますから、△7四歩を突く必要がないです。早囲いから角を使われたときに、飛車のコビンが空いて損な面もありますから後回しにしたい手なので」(美波

もしかしたら、『変わりゆく現代将棋』にあるかもしれません、と付け加えてくれました。

5手目▲7七銀と▲6六歩の比較。

何でもないような分岐点が、場合によってはとても大きな違いを生む…。

これは、羽生棋聖自身が調べ上げて本にしています。『変わりゆく現代将棋』。七冠達成後に将棋世界で連載された内容で、当時の後手急戦がかなりの量、高い精度で書かれています。

本棚を探して久しぶりに開いてみたのですけど…読みにくいです。
局面と手順、解説はあるのですが内容がかなり濃くて専門的なので、読み解くのに一苦労します。

▲7七銀の項に、この筋は載っていました。先手が早囲い調なので金の位置が違いますけど、おそらく▲7八金と上がって合流するだろう…というのがナナや他の子たちの見解でした。

後手急戦で上から攻められていますから、早囲いにいく利はありません。

 

f:id:kaedep:20160716152224g:plain

▲7八金   △5三銀   ▲6九玉   △6四歩   ▲4六銀   △4四銀
▲7九玉   △5二金   ▲6八銀   △6三金   ▲5六歩   △8五歩
▲7七角   △7三桂   ▲3六歩   △1四歩   ▲1六歩   △9四歩
▲9六歩   △6五歩   ▲5七銀上 △5五歩   ▲3七桂   △3五歩

 

さて、本当に▲7八金で合流しました。互いに力を溜めて、全面戦争へと突入していきます。
『歩が3枚ぶつかれば初段』という格言はありますけれど、棋士の戦いでここまで駒がぶつかり合うのはなかなか珍しいです。

ラグビーの強力FW同士が火花を散らしているのを連想させる』
と解説されています。……茜ちゃんが好きそうです。

この局面は前例があって、1991年8月の泉―中川 戦と同じなのだとか。おそらく、本もそれを前提に書かれたのでしょう。

△3五歩は隙になりかねない手ですけれど、後手から一方的に攻めても勝ち切るのは容易ではありません。

先手の動きを誘って、攻勢に出るのが良いという判断ですね。

従来の後手急戦は、こういった細かなやり取りが勝敗を分けるものなのです。

 

f:id:kaedep:20160716143755g:plain

 ▲5五歩   △同銀直   ▲同 銀   △同 銀 

銀を交換して、前例の▲5三歩と打つか、▲3四銀と打つか、▲4五桂と跳ねるか…ここはかなり悩ましいところです。

▲5三歩△5一歩の応酬が、先手にとって得なのかどうか…というところですけれど、はっきり言えば分かりません。

狭くなったとも取れますが、後に桂馬がいなくなると後手玉は5三へ逃げ出すこともできますし、△5一歩の分だけ堅いとみることもできます。

 

▲3四銀は、急戦の弱点である角頭を狙った一手ですけれど以下△3七歩成が先手で入るので難しいようですね。

f:id:kaedep:20160716211119g:plain
▲4五桂 △3四銀

というわけで、単に▲4五桂。ここで、前例を離れました。とはいえ、前例が25年前ですから正確に記憶して指していたようには感じませんでしたね。

永瀬六段の消費時間は既に2時間半を超え、かなり慎重な印象を受けます。

前例の対局のとき、永瀬さんは生まれていないので…仕方ないところかもしれません。

 

「戦型選択で、1本取ったかもしれませんよ」

美波ちゃんの向かいに座って検討していたまゆちゃんが、口を開きました。

「どういうことですか?」(ナナ

「この春以降の将棋は、横歩取りを中心に若手棋士が研究で1歩先に出る将棋が多かったです。消費時間も少なめにして、終盤に時間を残して逃げ切る…という構図ができていました。早囲いも、第1局の指し直し局で永瀬さんの研究が刺さっていますからね。 それを避けつつ、難しい局面に持ち込んだのは大きいですよ。
言うなれば、これまでは若手の領域で、本局は羽生さんの領域です…うふふ♪」(まゆ

△3四銀は「敵の打ちたいところに打て」の1手で、▲3四銀を防ぎつつ桂取りも見せています。

「やっぱり打ちたいですけどねぇ」(ナナ

美波ちゃんとまゆちゃんの継ぎ盤に▲2四歩を示します。

「後手急戦はそこが急所ですか」(美波

「ええ、ナナも▲6六歩型の急戦は先後どちらもけっこう経験がありますけど、ここ以外を攻めても後手玉はかなり耐久力があるんですよねぇ」(ナナ

「……急戦って、そんなに経験あるものですかぁ?」(まゆ

「え?▲6六歩型でも、急戦はナナの小さい頃はよくやって……米長流とか」(ナナ

「いえ、私もそこまで経験はないです…」(美波

「あ……い、いえ、ソフトの指定局面戦ですっ!あ、アハハ…」(ナナ

「何のソフトですか…?」(まゆ

「え?…………AI将棋?」(ナナ

……このやり取りはオフレコでお願します!

▲2四歩以下は、△同歩▲同飛(銀取り)▲4五銀△2三銀と攻めることになりますけれど、△同銀も△4四角もありそうで決まっている局面ではなさそう、というのが検討の判断でした。

「永瀬さんの棋風ではないですよね…」(まゆ

という雰囲気です。先手は桂馬をいじめられると忙しいので良くしに動きたいのですけど、具体的な手段が難しい…不思議な局面ですね。

そして、羽生棋聖らしさを感じる展開でもあります。

 

 f:id:kaedep:20160716144110g:plain
▲4六歩 △4五銀

先手は、攻めずに▲4六歩と一手受けに回りました。
桂馬にヒモをつけて、次こそ▲2四歩ということでしょう。

そして後手は…△4五銀。△4四歩から銀を取る手も検討されていただけに、駒損する変化に突入するのは予想外でした。

「銀で取りますか!」
ナナも、思わず声を上げてしまいました。もう、ゆっくりできなくなります。
△4五同歩。手番は後手ですけれど、ここで攻め切らなければ薄い後手陣は一瞬で崩れます。
事務所の空気も、一気に引き締まりました。


f:id:kaedep:20160716195548g:plain

▲同 歩   △6六歩   ▲6四歩   △同 金   ▲6六銀   △同 銀  
▲同 金   △6五桂打▲8八角   △8六歩

△6六歩で銀を交換しよう…というところに▲6四歩。技の応酬です。

△6七歩成で攻め合えそうですけれど、▲6三歩成△7八と▲同飛となると、後手の玉型がたたってきます。

f:id:kaedep:20160716195624g:plain
(後手玉は壁形で薄く、逆転していそうです)

△同金と取るのが冷静ですね。▲5三銀のような隙はできますけれど、銀だけでは手ができません。

そして、重いようでも△6五桂打。▲7三銀のようなキズがあるので、桂馬は動かさない方がいいです。△8八角と引くしかないですけれど、△8六歩から先手の角頭が狙われてしまいました。

ただ、後手陣もバラバラで明快に優勢…とは言いにくいでしょうか?

「これ…後手が理想的な展開じゃないですか?」(美波

かなり玉は薄いですけど…それでも?」(まゆ

後手玉も危険なだけに、美波ちゃんの『理想的』の判断は意外でした。

「後手急戦は受け止めることが基本的に無理で、先手は攻め合いで勝つ必要があります。でも、後手の角頭に嫌味がなくて攻めの手掛かりがありません。後手が攻めに専念できるのは大きいですね」(美波

「金銀で堅いだけが、終盤の速度じゃないんですねぇ」(ナナ

「でも、ここで決めないと簡単に逆転しますから。羽生さんは時間を使いますよ」(まゆ

しばし手を止める羽生棋聖

……考えがいがありますねぇ。

f:id:kaedep:20160716201606g:plain

▲同 歩   △8七歩   ▲同 金   △5七桂成


△8七歩▲同金と壁形にしてから△5七桂成。玉に迫りつつ、△6五歩の金取りを見せています。

中継コメントでは▲5三銀△6五歩▲5六金!という鬼手が発見されたらしく、読んだときは一瞬背筋がヒヤリとしました。

f:id:kaedep:20160716201700g:plain
(8八の角を交換して、玉を広くする狙いです)

「角を捌かせると金冠で先手玉の耐久力が跳ね上がりますね」(美波

「金を渡しても、速度が変わればいい…難しいです」(まゆ

2人の手がしばらく止まります。でも、ナナは少し気になった手があって…

「……これ、金をかわすとどうなるのでしょう?」(ナナ

「「え?」」

「▲5三銀に、金をかわすんです。△6三…じゃなくて△5四金ですか。先手に攻めを催促したら、どうなりますかね…」(ナナ

「受けに回るんですか!?この薄い玉で?」(美波

すぐさま盤に並べられます。

f:id:kaedep:20160716201853g:plain

▲5三銀 △5四金 ▲5二銀打 △3一玉 ▲4二銀打 △同金
▲同銀成 △同玉

(先手は飛車が成ると△6八銀以下詰み。先手が動くと反動で負けなんです)


「……先手の攻めが切れてますねぇ。そして、先手玉は受けがなくなっていますよ」(まゆ

「銀3枚で手ができないんですか…。怖くて、この順は思いつかないです」(美波

「一気に攻め倒すのは明快ですけれど…現代的な考えといえばいいんでしょうか。この将棋はたぶん、そういう感覚が通じない戦いだと思うんです」(ナナ

「そうですね…。私たちが、最新型の将棋に慣れ過ぎてしまったのかもしれません」(美波

忍者銀とかも、形勢判断が難しいですし、とつけ加えていました。

しかし、▲5三銀が無理となると指す手が難しいです。検討も止まり、次の手を待つことになりました。

f:id:kaedep:20160716144450g:plain

▲4六銀

この手には事務所でも叫び声が上がりましたねぇ。

攻めが上手くいかないので、受けて切らしてしまおう…という手です。

「永瀬流…ですか。これで勝ちあがってきた人ですからね」(美波

「ですけど、羽生さんは時間があります。間違えて逆転…が起こりにくいと思うんですけど」(まゆ

△5六歩や△5八飛といった手を調べてみますが、明快に決まっている感じではありません。

「ここが最後の長考になりますね。ならないと、それは混戦ということです」(まゆ



10分考えて、△6八銀。最短、最速の攻めです。

ただ、飛車と精算した局面はすっきりしている上に後手陣に守備駒が多く、寄っているのか懐疑的な声もありました。

無理攻めで切れているのではいか…嫌な汗が背中を流れました。

「催促されたのに、最速で攻めたのね…ふふっ」(楓)

ふらっと楓さんが来てダジャレを言って去っていきました。…風みたいな人ですねぇ。

 

「まぁ、普通は△4八飛ですよね」(美波)

王手銀取りですから、受ける必要があります。候補手としては、▲5七玉と▲4八桂。
▲5七玉が一番強い手で、銀取りを受けつつ飛車取りも見せています。
ここで飛車を逃げれば、手番を得て受けきりを目指る…という狙いです。

ただ、▲5七玉には△6六角!という手がありました。
角の効きが4八まで伸びているので、飛車を取れないんですね。

 
f:id:kaedep:20160716202732g:plain

同玉は銀が取れますし、同角は△5八金で詰みます。

問題は▲4八桂のときです。パッと見て、寄せる手が見えないんですね。

ただ、羽生さんの手に迷いはありません。
いろいろと危ない橋を渡っているはずなのに、今日に限っては序盤から不思議な安心感がありました。

 

f:id:kaedep:20160716144358g:plain

△6六角 ▲同角 △6七歩

まで、後手 羽生棋聖の勝ち

 

△6六角。桂合でも、この手が成立しました。同角に△6七歩。
クモの糸のように細い攻めが、切れずに勝利まで繋がりました。

▲5七玉は△6七金以下詰み、▲同玉は△5六金!と最後の戦力まで捨てる手があります。
取ると△5八飛成▲5七銀△5二飛で、動かなかった8二の飛車を活用して詰み上がります。
▲5九玉など、かわして粘る手は△4七飛成が左右挟撃で受けなし。

谷川九段の光速流をほうふつとさせるような寄せでした。

冷却シートを外して、永瀬六段の投了となりました。
事務所のどこからか、ため息に似た音が

「後手に疑問手…ありましたか?」

モニターを眺めながら、美波ちゃんが呟きます。

後手急戦は一手の疑問手が即、負けに繋がります。薄いですからね。
だから避けられてきた部分は大きいです。

でも羽生棋聖はあえて指して、勝ちきりました。

「△4五銀から…ほぼ1本道でしたけど、あの局面からこの寄せまで持ってくることは、簡単じゃないです…。難しいことをごく自然に達成するあたり、羽生さんらしいといえますけどね」(まゆ)

感想戦はそれを裏付けるように、先手が咎めて勝つ手は見つかりませんでした。

ですが▲2四歩を入れて迫れるようにしておくのは、やはり有力だったようです。

 

 

感想戦も終わり、事務所も閑散としてきました。寮の子はまだいいですけれど、長い対局ですと電車の時間もありますから。

ナナもそろそろ帰ろうか…そう思って席を立とうとしましたが、本を置き忘れていたことに気づきました。

ナナが出してそのままにしていた『変わりゆく現代将棋』。
…ふと、考えてしまいます。


本局は、25年前に指されていた形です。
将棋はめまぐるしい速度で進歩し、研究されています。
そんな中で、一度すたれた▲7七銀とそれに対する急戦が復活する……不思議な話ですよね。

手順のわずかな違いで展開がまるで変わったり、古い形が復活することもある……。
それは分かっていますし、アーニャちゃんに教えたりしてきましたけれど。

でも、それを指しこなすことは非常に難しいです。
序中盤、終盤までもパターン化しつつある現代将棋とは、感覚が違います。
でも、今でも通用しました。

前例を定跡に、そして体系づけて考えることを広めたのは、他でもない羽生世代です。
そして、その足跡は今も残っています。水面下に埋もれていったものも多いですが、その膨大な変化の上に、現代将棋はあるんです。

 

本のタイトルがそのまま、今を表しているように思えてなりません。

 

 ……羽生棋聖も、もう45歳になりました。体の衰えは、確実にあるでしょう。それこそ、ナナが想像できないところですけど。
ですが、膨大な経験と、それで培った感覚や大局観は未だに抜きん出ています。

これからどうなるか…それは誰にも分かりませんし、これから注視していきたいところです。

 

でも、どんな未来になっても、残された棋譜や羽生世代の考え方、その足跡は、変わらず輝きを放つ……そう、思います。

 

 

 

(了)